気づき

ある日突然、アルフィーで学んだこと

※この記事はメルマガの再アップです。

始まりはとある1本の電話からでした。
「URAPYONさん、悩みがあるんですが、、、」
電話の向こうは何やら暗い声。
「な、なんですか?」と真剣にかえすと
「アルフィーのコンサート行きませんか?」と彼。
※正確にはTHE ALFEEですが、アルフィーで統一させてください(笑)
少々肩透かしはあったものの、好奇心もあり,
ふたつ返事で行くことに。

2017年4月26日の市川市文化会館。
ちなみに僕はアルフィーのファンでもなんでもありません。
いや、ありませんでした。プチファン?です(笑)
聞くとアルフィーのコンサートはチケット発売とほぼ同時に
SOLDOUTという人気ぶりのようです。

コンサートの感想から先に言いますと、大満足。
予習していった曲も何曲かセットリストに入っていたのと
そもそも僕はプログレが好きなので、
アルフィーの曲にプログレ色が強いのもその一因。
ちょっと驚いたのは途中休憩があったこと(笑)かな。
また歌詞も聴き取りやすくて、かつ共感する曲が多く、
iPhoneで何枚か購入してます。

また今回のコンサートは、
「URAPYONさん、なぜアルフィーが永きに渡って活動出来ているか勉強しましょう!」
という別の楽しみ方も実はあったのです。

今回僕が考えるアルフィーが永く支持されるポイント(仮説)は、
以下の3つ。

1)細部にまで手を抜かない

2)笑い感性

3)時代に左右されない普遍的価値

以上の3つではないかと思います。
まず、

1)細部にまで手を抜かない

それはコンサートのチケットでした。
※このメルマガのFacebook告知バナー参照ください。
アルフィーのチケットで驚いたのは、会場ごとに会場名、席が印刷されてるんです。
僕が想像していたチケットは、コンビニのコピー機みたいな端末でプリントする
横長のチケットです。
しかしアルフィーは違いました。
シリアルナンバーが入っていて、チケットを会場入口で切ると、
手元に残るチケットはハガキ大サイズで、
これを記念にストックしているファンも多いそうです。
しかも!!!
なんと、この市川市文化会館で過去何回アルフィーが公演したか
までプリントしてあります!!!(これ単純にすごいと思いました)
※ちなみに市川市文化会館は通算公演回数31回でした。
これには驚きです。
ここまでするのは、別の意味もあるのでしょうが、
僕はこういう細部のこだわりにファンとのつながりを大切にする姿勢を垣間みました。
自分達で印刷したものを届けるか、コンビニでプリントしてもらうか。
の違いなのですが、多分このチケットを手にしたファンは特別感を感じるはずです。

2)笑い感性

とにかくMCが面白い。
下手な芸人なんかより本当に面白いです。
衣装替えでいきなり桜井さんが学ランで出てきたり、
ツッコミの間も絶妙です。
笑いというのは相手の感性を理解しないといけません。
ファンの年代も30代から60代くらいまで多岐に渡っているので
幅広いファンを楽しませることができるのもまた、アルフィーの魅力ではないでしょうか。
レギュラーバラエティ番組も持てるくらいのレベルだと思います。

3)時代に左右されない普遍的価値

最後はこれです。
今回のコンサートのために予習をして(曲を聴きこむ)いったのですが、
とにかく歌詞の中心となるのは「希望」と「愛」です。
時代に左右されない普遍的価値がアルフィーの商品とも言うべき曲にありました。
子供にも聞かせられる勇気をくれる曲がとにかく多いんです。
考えさせられるような歌詞も中にはありますが、「希望」と「愛」に満ちた
「人生の応援歌」のような曲が多いように感じました。

以上がアルフィーがファンから支持される要因ではないかなと。
アルフィーのファンの中には3世代に渡るファン一家もいるそうで、
本当に永きに渡り支持されているのが伺えます。
3世代に渡り愛されるってすごいですよね。

ここらでまとめてみようと思いますが、
ここまでのことは何もエンターテイメント、
アルフィーに限ったことではないというのも考えてみました。

・細部にまで手を抜かない

例えば飲食店をやっていたら、すべての席に座り、そこから見える光景を見て、
汚いところはないか?生花の花は落ちていないか?外からのガラスはきれいか?
など細部にも目を配ることができます。意外とお客さんは見ているものです。
またなぜか見てほしくない所ほど見られているんですよね(苦笑)

・笑い感性

笑いがあるとほっとしまよね。
例えばPOPにクスっと笑えるものがあったりとか、
お客さんへのメールの返信に最近の失敗談をいれたりなど、
仕事の中に笑いを潜ませることはできます。
注意しなくてはいけないのは、やりすぎて下品にならないこと。
ここは感性の見せ所ですね。

・時代に左右されない普遍的価値

毎日の仕事はとかくルーチンになりがちです。
ここは一歩下がって自分の仕事を俯瞰してみて、
具体化ではなく、抽象化して自分の仕事を見直してみたいです。
例えば単なる車を販売。ではなく、
ホンダステップワゴンの名コピー
「こどもと一緒にどこ行こう?」
のように車の機能以外の価値を提供していることってあったりするものですよね。
これだ!というものが見つけられれば毎日の仕事もより楽しくなりますよね。
僕も自分なりのミッションを探してみよう、、、

以上が今回の気づきでした。
また全く自分の関心のなかった環境に身を置く。
というのもすべてが新鮮に写り、気づき感性も磨く良い勉強になりますね!

ちなみにアルフィー結成の1973年は偶然にも私の生まれ年!
43周年だそうです。
それにしてもすごいですね、、、
僕の人生と同じ時間をアルフィーやってるって(笑)
なにかの縁を感じます。

だいぶ長くなってしまいましたが、
お付き合いいただきありがとうございます!

下記に参考までに
最近良く聞いている曲のリンクを貼っておきます。
お時間ある時にでも是非!
本当に「希望」に満ちた数少ないアーティストです!

今度あなたの好きなアーティストの気づいた点など
ぜひ教えてください!

「シン・ゴジラ」鑑賞直後、面白い!と思えなかった理由次のページ

関連記事

  1. 気づき

    POPは商品説明になってはいけないが、商品が何だか分からないと売れなくね?に答える。

    前回この記事を書きました。要約すると、まずPOPなどで商品…

  2. 気づき

    商品点数が多すぎて把握できなくなっているお店が多くなってきた。

    先日ショッピングしていて気づいたことがあります。それは商品点数…

  3. 気づき

    リモートワークをすぐ受け入れられた人、受け入れられなかった人。

    どもURAPYONです。ご無事で何よりです。世の中リモ…

  4. 気づき

    お客さんの感性を持ちつつ、売り手でいられるか?

    どもURAPYONです。「伝えて・届けるお手伝い」してます。…

  5. 【 会員限定 】

    保護中: 簡単に価値を最大化する方法。これしかないでしょ。確信。

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  6. 気づき

    モノとしての価値。

    バスフェスタ2日目です。僕はまだ釣り自体はやらないんですが、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP