気づき

現代人が使えていない武器

オープンまもない地元のスタバがお気に入りである。

元からある駅反対側のスタバより
お気に入りである。

ブログで書いているスタバの記事は
ほとんどがこのスタバの事だ。

先日はこんなことがあった。
いつも通りカフェミストを注文。
会計を済ませてお釣りを受け取る。

コーヒーを淹れてもらうわずかな時間に
スタッフさんが、

「お仕事帰りですか?」

「外は寒いですか?」

「お疲れ様です♪ニコっ♪」

なんて会話を仕掛けてきた。
あまりに自然だった。

マニュアル感は感じなかった。
関わり方が自然だった。

こんな事だけでも
声をかけてもらうと
嬉しいものだ。

しかも最近は残業続き。
余計に言葉が身にしみる。

現代人が忘れている武器はこれだ。

愛嬌だ。

 

愛嬌を使えていない。

単なるおじさんの戯言と言えばそれまでだが、
最もコストがかからず、
即効性のある武器だと僕は感じる。

遠くの石田ゆり子より、
近くの愛嬌がもっと必要である。

URAPYON

隠れた価値前のページ

本日のダウンロード『Dizzy Mizz Lizzy / I Would I Could but I Can’t』次のページ

関連記事

  1. 気づき

    売上をあげるために風景を見る。

    松屋。場所は上野。お店の入り口を見ていると同じような光景にいつ…

  2. 気づき

    作業が作業でなくなる時

    先日とある百貨店の催事で仕事してました。接客販売したり、お…

  3. 気づき

    友達の悲しみを乗り越えるもの

    高校時代、バスケ部の3年間を苦楽、いや、楽しいことしかなかった…

  4. 気づき

    本当の解決とは新たな問題を産まない。

    出張先の大阪。イベントが終わり、帰りにコーヒーでもとセブンに立…

PAGE TOP