気づき

とは言え、スキルも必要だ。

どもURAPYONです。
「伝えて・届けるお手伝い」してます。

スキル何か磨いていますか?
僕はお客さんの商品をその先のお客さんへ
伝えて、届けるためのスキルを磨いています。

簡単に言うと
例えばPOPなんかを

注目してもらうこと
読んでもらうこと
納得してもらうこと
行動をしてもらうこと

以前、
「スキル」より「感性」と書きましたが、
あくまでスキルあっての「感性」

ツールがないといくら感性だけあっても生かせないです。

でここで大切に思っているのは、
スキルの磨きどころ、努力のかけどころ
かなと。

ここの矛先がはまっていないと
違うハシゴをかけることになりかねないです。

自分の得意なことで
貢献できて
喜ばれることを探すことだと思っています。

僕はそれを見つけちゃいました。
だから努力の矛先が明確すぎて
投資するほど結果が出ているような気がしています。
ホントに。

驚くほど。

人は絶対に「キミには敵わない」ってものがあるはず。
だけど、それは何もしないで出来る人もいるし、
訓練しないと出来ない人もいる。

まずは得意なことから
探してみるのも手ですね。

ただ好きで得意な事だけでもだめ。
なんですよね。
それはまた今度書いてみます。

URAPYON

飛び出せば君は完璧なロケット!前のページ

どれだけ言い切れるかって大切。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    勉強ってさせられるものじゃなくて、するもの。

    どもURAPYONです。勉強ってさせられるものじゃなく、す…

  2. 気づき

    商品点数が多すぎて把握できなくなっているお店が多くなってきた。

    先日ショッピングしていて気づいたことがあります。それは商品点数…

  3. 気づき

    ふと女性の服屋さんを見て思ったこと

    駅に併設している商業施設をふらっと歩いていました。で女性の服屋…

  4. 気づき

    販売の難しさと面白さ

    昨日は百貨店の店頭で、終日販売でした。久しぶりの店頭でしたが、…

  5. 気づき

    テストの点とか社会に出たら全然関係ない。

    社会人になって思いませんか?学校の時のテストの点なんて全然意味…

  6. 気づき

    コンビニのコミックコーナーがカオス。

    コンビニと言えば成人向け雑誌コーナーがこどもと一緒だとなかなか通り…

PAGE TOP