気づき

ふと女性の服屋さんを見て思ったこと

駅に併設している商業施設をふらっと歩いていました。

で女性の服屋さん。
あれ?そういうのブティックって言うんだっけ?(笑)
ま、いーや。

ともかくユニクロではなく、
婦人ものの服だけおいてあるお店です。

その前を通っていて感じたのは、

大体、マネキンが店頭にあって
コーディネートしてあって、
洋服が並べてある。

でPOPらしきものがほとんどなく
あったとしたら、

SALEの文字だけ。

なんですね。
恐らく商品の陳列箇所とかが売りたい商品であって
マネキン?トルソー?に飾ってあるのも
おすすめだと思うんですけど、
もっと文字でおすすめできる事があるんじゃないかな?
と思ってしまいます。

うん。

アパレルって全体的にそんなイメージが強い。
発信が商品自体以外に少ないですね。

これチャンスだと思うんだよなぁ。

「こんな時に合わせやすいカラー」とか

「こんな季節にピッタリ」とか

もっともっとおすすめポイントを文字にして発信したらいいのにな。

もちろん僕は男性なので、
そんなこといらないんだよ!
ってこともあるかもしれないけど、
店の前通ると

「どうぞごゆっくりご覧くださいませー」

「お手に取ってご覧くださいませー」

しか聞こえてこない。
そういうトークで女の子は服を見てみようかな?
なんて思うのかな?

もっと発信することがあると思うんだよなぁ。

URAPYON

どれだけ言い切れるかって大切。前のページ

「好きなことだけして生きていく」みたいな本を鵜呑みにしてると痛い目見るよな。って話。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    人を動かす本質

    人を動かす。みんな悩んでますよね。部下だったり、お客さんだ…

  2. 気づき

    W杯日本代表ベルギー戦。選手インタビューから気づいたこと。

    日本代表、天晴れでした。今までの日本代表でこれ程までに頼も…

  3. 気づき

    雪が降った次の日に必ず見る2つのこと

    雪が降った次の日に僕が必ず見ること。それは、どの道が一番踏み固…

  4. 気づき

    イベントの看板づくりでの気づき

    どもURAPYONです。ようやく長いイベントが終了しました。…

  5. 気づき

    起こることはすべてサイン

    どもURAPYONです。「伝えて・届けるお手伝い」してます。…

PAGE TOP