気づき

片道徒歩25分かけて辿り着いた焼肉屋で受けた絶望感。

どもURAPYONです。
昨日は日曜日。

ふだん仕事が忙しくて
なかなか家族そろって自宅で夕食もままならない毎日。

この日曜日くらい、、、と思い、
地元の焼肉屋へ行こう!
という事になりました。

この焼肉屋。
結構リーズナブルでいわゆる繁盛店。
早めにお店へ向かいました。

ただ駅前ではなく郊外なので、
散歩も兼ねて徒歩で行くことに。
片道25分ほど。

ということはそれでけ期待しているお店。
という事です。
そこで受けた絶望感とは、、、。

お店に辿り着いたのが18時前くらい。
すでにお客さんで賑わっています。

ですが席は空いていました。
ここのお店。
前々から気にはなっていたんですが、
接客オペレーションが少々気にはなっていた接客。
それが的中してしまいました。

まず店内に入った瞬間
全然相手にされません。
※何度も店員さんは目の前を通り過ぎています。
入店して5分ほどしてようやく声をかけてきました。
5分というのは結構な時間だと思います。

で、こんな風に言われました。

「ごめんなさい、今混んでるんで、席についてから料理が来るまで50分くらいかかりますけど、、、」

率直にどう思います?
率直に。

50分ですよ。

しかも堂々とよく言えるなと。

もちろん、キレて文句言ったとかそんな事はしません。
僕は、
「そうですか、じゃ、帰ります」
と普通に答えてお店を出ました。

そこから家路までまた25分かけて帰りました。

ここまでだと、
そんなの混んでいるんだからさ、
しょうがないじゃん。
なんて思うかもしれませんが、

このような接客が最近に気になっていて
それが最高潮に達してしまった。
という感じです。

残念ながら、
我が家で「もう行きたくないお店リスト」
に入ってしまいました。

今までの事を踏まえて言うと、このお店。
全く学習しないお店なんです。

それなりに人が入っているんだから、
人を雇ってオペレーションをまわしたり、
それこそ予約制にして時間を区切ってお店のやりやすいように
すればいいのに。

と思うんですが、
毎回、毎回忙しそうで客を相手にしてくれません。
だからいつも忙しくて考える時間もない。
というかそういう時間を持とうとしていないんだと思います。

まぁ、行かなけりゃいいだけの話。

なんですが、
こういうお店って後になって苦労するんじゃないかなと。
まずお客様の時間を大切にできないお店ってだめです。
それと学習しないお店。

良い勉強になりました。

URAPYON

「駅近で売れない店」「郊外で売れる店」の決定的な違い前のページ

人生を変えた言葉次のページ

関連記事

  1. 気づき

    欲しいものがない時代に必要なのは?

    モノが溢れています。欲しいものがなくなった。なんてよく聞か…

  2. 気づき

    マーケティングを分かりにくくしているのってコトラー自身じゃないか?

    どもURAPYONです。土曜日は店頭で販売していました。売…

  3. 気づき

    とは言え、スキルも必要だ。

    どもURAPYONです。「伝えて・届けるお手伝い」してます。…

  4. 気づき

    コピーはどう読まれるか?どう読まれてしまうか?を考える。

    コピー。キャッチコピーとかPOPを作る際に必ず必要ですよね。…

  5. 気づき

    卒業式に出席して個性の重要さを感じた。

    どもURAPYONです。昨日は卒業式に出席してました。今日はそ…

  6. 気づき

    こちら側の理解力がないのか、的外れすぎるコピーなのか。

    この写真。どう思います?犯人かどうか分からないから…

PAGE TOP