気づき

価値観が強すぎると、相手の価値観が見えなくなる。

価値観。

と聞いてあなたは何を思うだろうか?

持っていないといけない。
と感じるだろうか。

何が価値観なのか迷うだろうか。

あの人とは価値観が合わない。
と思うだろうか。

価値観。

僕は価値観は絶対に持っておいた方がいいと思う。

それは誰かと話す時に自分を出すことが出来ないからだ。

つまり自分の考えであり、大切にしていること。

しかし、マーケティングの仕事なんかをしていると
仕事の邪魔をしてくるのが、実はこの価値観なのだ。

価値観を持つことはいい。

ただ強すぎる価値観は、
僕はいらないと思っている。

それはなぜかというと
さっき少し触れたマーケティングの話になるんだけど、
価値観が強すぎると相手の価値観を理解しづらくなるからだ。

もう一度言う。

価値観が強すぎると相手の価値観を理解しづらくなる。

これってマーケティング的に致命的と言っていい。
マーケティングとはつまるところ、相手の理解である。

その仕事において価値観が強すぎるとどうしても邪魔をしてくる。

だから僕はどんな価値観でも受け入れられるように
欲しくもないものを消費したりする。
お客さんの気持ちを知りたいから。

ただこれは、マーケティングに限った話だけでもない。
コミュニケーションにも有効だと思っている。

人と接するには、
自分の価値観を持ち、
相手の価値観を受け容れること。

これって本当に大事。

そのためには、価値観が強すぎると邪魔をするので注意。

URAPYON

関連記事

  1. 気づき

    スキルで戦ってない好例WWW

    どもURAPYONです。「伝えて・届けるお手伝い」してます。商…

  2. 気づき

    仕事がデキる人の接客術

    あなたは買い物はお店で買う方が多いですか?それともネットでの買い物…

  3. 気づき

    通りすがりに出会ったアイドルの無料ライブで気づいたこと。その1

    どもURAPYONです。名古屋のイベントで出張した時に感じたこ…

  4. 気づき

    確信へと変わった。

    まず業界は全然関係がないという事。業界ではなく、役割と捉えると道は…

  5. 気づき

    店頭販促の仕事をしていて困ること

    どもURAPYONです。「伝えて・届けるお手伝い」しています。…

  6. 気づき

    保護中: “売る”という言葉に潜む落とし穴

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

PAGE TOP