気づき

「声かけ不要バッグ」などから見る最近の接客事情。

どもURAPYONです。

ちょっと前に某アパレル店が、「声かけ不要バッグ」を導入した
ニュースがありましたよね。

内容は店員から声かけされたくないお客さんは、
お店が用意する店内専用のお買い物バッグ(透明な商品を入れるようなもの)
を持てば、店員から声をかけられない。
というものです。

僕も経験したことがありますが、
いやですよね、
付きまとわれて、ゆっくり見たいのに
マンツーマンでこられるあれです。

このアパレル店が表明していたのは、
声かけされたくないお客様を判断できるので、

的確にお客様へサービスできる。

ということ。

また
お客さんからは、
「声かけ苦手だから助かる」や「客から意思表示させるのってどうなの?」

のような様々な意見があったようです。

まー僕が思うところは、

ますます”人”を見ない世の中になって来たな

 

という事です。

お客さんがどう行動するか分からないから
店員が人を見る感性が育つと思うんですけどね。

店側からコミュニケーション機会をなくしてどーする!
って思う。

たぶん長く続かない。

あ、もう続いてないのかもね笑

URAPYON

関連記事

  1. 気づき

    ほとんどのお店が、始めのハードルを越えていないような気がしてきた。

    あなたは回転寿司屋の前にいる。ちょっとネタがいいものを仕入れている…

  2. 気づき

    POP作成で一番忘れがちなこと

    POP作成で一番忘れがちなこと。それはPOPの置き方(貼り方・…

  3. 気づき

    現代人が使えていない武器

    オープンまもない地元のスタバがお気に入りである。元からある駅反…

  4. 気づき

    コピーはどう読まれるか?どう読まれてしまうか?を考える。

    コピー。キャッチコピーとかPOPを作る際に必ず必要ですよね。…

  5. 気づき

    こういうの見ると本当に解決の論点がずれていると感じる。

    論点がずれてるんじゃん?この記事のポスターとか、自殺予…

  6. 気づき

    インドレストランで感じた接客の違和感

    この違和感はなんだ。会社近くにオープンしたインドレストラン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP