気づき

コピーはどう読まれるか?どう読まれてしまうか?を考える。

コピー。

キャッチコピーとかPOPを作る際に必ず必要ですよね。
まずはこの写真を見てください。

これ車内の中吊りなんですが、ちょっと違和感が。
気付いた人は気付いているかもしれませんが、僕が思ったのは、

飲み放題なの?飲み放題じゃないの?

です。まぁ、普通に考えれば飲み放題じゃないわけはないんですが、POPとかレターとかでコピーを書く時に意識しているのは、
誤解されないか?
ということ。

特に漢字、ひらがな、カタカナの違いだけでも誤解を招くことってあります。

だから声に出して読んでみたり、誰かに見てもらうことって結構大事です。またそこで「これがいいんだ!」と頑固にならず、耳を傾けることですね。

以上コピーを書く時に気をつけていることでした。

URAPYON

やってみないで分かった気になるな。前のページ

AppleID変更した後の”AppleID確認コード”の入力箇所、方法が分からずに確認コードが延々送信されてくる無限ループに陥った時の解決方法。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    繁盛は認識率が左右する

    どもURAPYONです。先日も地元のスタバにいました。地元…

  2. 気づき

    戦略的”積ん読”のススメ

    積ん読がすごいです。ひどいです笑ざっと数えただけでも机…

  3. 気づき

    サービスの提供側の「当然」は、お客さんを不快にさせるかもしれない

    どもURAPYONです。接客にはうるさい方です。先日の…

  4. 気づき

    リサーチでしょ。やっぱ。

    まずはこの写真を見てください。とあるカレーチェーンの…

  5. 気づき

    保護中: ストレスをゼロにする方法。

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  6. 気づき

    成熟したサービスが形骸化している

    イートインとかってありますよね。よくパン屋さんなんかで買った商品を…

PAGE TOP