気づき

お客さんのことなんか最初から分かり合えない。と思っていた方がいい。

お客さんのこと。

分かった気になっているお店とかって多い。

自分もときおり、そうなってしまうので注意が必要だ。

これは大阪でのとあるイベントの仕事で感じたこと。
そのイベントは3日間あり、初日は業者日。

つまり一般のお客さんは入れず、法人、主に商談の方が多い日程。

しかし販売はできる日程なのだ。

そこで商品に値段やらPOPやらつけて店番をしていると商品の動きが悪い。

まぁ今日は業者日だから買う人はいないのかな。

程度に思っていた。

しかし、あるお客さんの口から衝撃の言葉が出てきたのだ。

「今日って買えないんですよね?」

「えっ?買えますよ、、、」(あまりに不意をつかれたのでこんな口調だったと思う。
はっきり言ってびっくりした。

買えると思っていなかったのだ。

そりゃ売れないわ、、、

しかもそれがさらに驚くことにひとりではないのである。

「今日、買えないですよね?、、、」

「いや、いや買えるって、、、」(心の声)

でこちらをソッコーいたる所に貼りました。

それから一切聞かれることなく販売できたのでありました。

これはさすがに驚き、気づきがありましたが、それほどお客さんとの認識というのは違うというのを痛感した出来事でした。

あなたの当たり前が販売機会を逃しているかもしれませんよ。
お気をつけを、、、

URAPYON

PDFの容量が大きすぎる時に便利なサイト前のページ

ポイントカードとパクチー。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    URAPYON流、良いPOPを見分ける正しい方法。

    仕事柄、常にPOPはウォッチしています。で、今回はURAP…

  2. 気づき

    「ママ、ちょっと来て!」に見る売るための入口のつくり方。

    「ママ、ちょっと来て!」どこからか子供の声が聞こえてきた。…

  3. 気づき

    人生は自分の都合よい解釈でどうとでもなる。

    最近思うのは、人を否定する人、批判する人が多い。ということ。マ…

  4. 気づき

    誰が見てても、誰が見てなくても自分メディアは持つべき。

    ども。URAPYONです。いつもお付き合いいただき、ありがとうござ…

  5. 気づき

    「袋は有料で22円になりますが、いかがいたしましょうか?」

    どこもかしこも袋が有料である。「袋は有料になりますが、いかが致…

  6. 気づき

    アイデアを産む人。アイデアを殺す人。

    【おすすめ記事】京都・宮津のイタリアン『aceto』の記事…

PAGE TOP