レビュー

【映画JOKER】これは「心を観る」映画

観てきました。

映画『JOKER』

公開初日のレイトショー。

最初の期待は前評判もいいだけに、『ダークナイト』のヒースレジャー(ジョーカー役)を超えることができるのか?
ということでした。

ですが結論から言うと超えていなかった(個人的解釈)

もちろんホアキン・フェニックスは間違いのない演技。怪演。
映画全体としてみたら間違いのない傑作。

話もまとまっていて、え?結局どういうこと?
みたいなのもなし。

なんですが、ヒースレジャーのジョーカーは超えられなかった。

なぜかというとヒースの「狂気」に勝てなかったということ。
「狂気」「恐怖」という点において勝てなかったと思う。

それはなぜか?

それはこの物語が、ジョーカー誕生の話であるから。

主人公のアーサーが、最初からジョーカーではないから。

この映画はジョーカーになるアーサーに感情移入してしまう。
しだいに水からぬるま湯になるような感じだ。

境が徐々に変わっていくので、
観ていくうちにアーサー(ジョーカー)の心境を理解できてしまう自分がそこに存在してしまう。

つまり、ヒースのジョーカーは容赦なく、行動が読めない狂気に比べ、今回の『JOKER』はアーサーの悪に変わっていく心境を理解して受け容れてしまうことにある。

これは、誰でもこの環境になれば悪になる可能性を示唆している。

「他」として認識するヒース演じるジョーカーと
「自」として認識するホアキンのジョーカー。

この違いだと感じた。

「自」と感じるがあまりに恐怖は感じずに共感さえ産まれる。
よって「恐怖」と「狂気」のジョーカーを感じることができなかったので、超えられなかった。と感じたまで。

だから超えられなかった。というのは演技、映画の評価ではない。

映画は素晴らしい。

これは「心を観る映画」だと思っている。

この映画を観て気づきが多いと感じる人ほど、人の事を想う人だ。

誰でもジョーカーになる。
誰でもジョーカーになってしまう。
誰でもジョーカーになる環境は存在する。

人は環境によってつくられる。

目の前の人に対してもっと関心を持てるかどうか。
それがどんなに大切なことかを教えてくれる映画。

ジョーカーが誕生した時、
悪事を働いた時、
変な爽快感を覚えてしまう。

ジョーカーは誰の心にもいる。

PS
気づきメモ
・最高の底辺
・存在と環境
・心を観る映画
・対話
・特に存在

関連記事

  1. 「 食 」

    ごはんメモ【渋谷・パンチョ】

    数ヶ月に一回くらい寄りたくなる店。ナポリタン専門店(といってもミー…

  2. レビュー

    【レビュー】セブンイレブンの爪切りをおすすめする3つの理由。

    爪切りってピンきりだと思います。かと言って、100均で。…

  3. レビュー

    【文具】筆記時に芯が折れてイライラする人におすすめのシャーペン3選!

    どもURAPYONです。文具好きです。今回はシャーペンです…

  4. レビュー

    【おすすめ!】「人類の目覚め」へのガイドブック

    この本。カバーだけ見てちょっとなんかなー。って…

PAGE TOP