気づき

雰囲気とかサービスという人間が作り出せることをする。

雰囲気とかサービス。

これってもっと考える余地があると思う。

この時代商品力、コストともに限界まできている。

前はそれこそ企業努力なんて言葉もあったけど、もうどこも限界までやってると思う。

そんな時にどうするか?なんだけど、いわゆる人間的なアプローチが有効になってくると思う。

雰囲気づくりとか、サービスの内容。

例えばどこでも何かしらを販売していると思うんだけど、それをお客さんにどう届けるか?を徹底して考える。

これだけでも結構ヒントあると思うんだよね。

もう商品だけを伝えるのは客としてはうんざり。

ちょっとしたしかけなんかが必要なんだろうな、、、。

そこで有効になるのが非常識思考。

これ本当に使える(と思う)

つまり常識の真逆を考えてみる。

誰もやらないこと。考えるだけはただなので、コストも一切考えずに発想してみる。そこから自分ができることをやってみる。

これってすごいチャンスを産む。

特に損得を抜きにして考えると発想が豊かになる。みんなコストばっか見ているからチャンスなんだよね。

人と違うことをしてみるって本当にチャンスだらけ。

みんな同じこと考えてて欲しい笑

URAPYON

我々はもっと出来る事に目を向けるべき。前のページ

ブスが嫌いです。(容姿の事ではない)次のページ

関連記事

  1. 気づき

    もっと売る方法

    映画はレイトショーで観ることが多い。終わるのは0:00とか、…

  2. 気づき

    「時は金なり」の間違い

    「時は金なり」は間違っている。と思っている。なぜそ…

  3. 気づき

    「気になる感性」と「気にしない技術」が必要だ。

    気になる感性。これは簡単に言うと気づきです。物事に対してな…

  4. 気づき

    勉強ってさせられるものじゃなくて、するもの。

    どもURAPYONです。勉強ってさせられるものじゃなく、す…

PAGE TOP