気づき

POPは商品説明になってはいけないが、商品が何だか分からないと売れなくね?に答える。

前回この記事を書きました。

要約すると、まずPOPなどで商品、サービスのことをすべて伝えてしまうのではなく、関心を持ってほしい事、物をまずは隠してから引き込む。というのが大事。という話でした。これが売れることの入口になるということですね。

でもここで疑問が出ると思います。

「POPで引き込んだはいいけど、それが何か分からなかったら売れないんじゃないか?」

ってことです。

これに対する答えはもちろん、その商品が何かを説明しないと売れません。

というか厳密に言うと説明ではなく、その商品、サービスがあなたにとって何を解決してくれるのか?を明確に伝えなければなりません。

もっと言ってしまうと、あなたの商品は売れない可能性も、もちろんあります。それは、そのお客さんにとって何も響かない場合。引き込んだはいいが必要性を感じられない場合です。

これはどうやっても売れないです。

今まで僕が見てきた中での誤解というのは、自分の商品に絶大なる信頼を置いていて、必ず売れる!とか、内容さえ知ってもらえれば売れるはず!というものです。

ここで整理したいことは、

あなたの商品の良さ、機能と、お客さんの必要性は必ず一致するとは限らないことです。

ただ大前提としておすすめする商品は当然良いものでなければいけません(品質)

僕が販売してきた中では、POPがあり店頭で接客できたので、情報を補完することができました(接客により)これは大きいと思います。ただ気をつけていたことがひとつあります。

それは呼び込みをしないことです。

あくまでPOPで気になっていただく。

もしくは商品の陳列などで気になっていただくことです。

どうしてか?

自分が、人から勧められるのが嫌だからです。

そういった意味ではPOPはリードジェネレーションだな(書いてて気づくw)

プッシュで勧めたくないんですよね。

もちろん気になっていそうな人がいたら声をかけます。

でもまずお客さんからの行動が欲しい。そう思ってずっと接客してきました。

売り込みって誰だって嫌ですよね。

だから僕はPOPを書いてきたのかもしれません。

話戻って、ではお客さんの関心を持ってもらい、商品を説明するには?ですが、そこに人がいない場合はこうです。

1)POPのキャッチを大きく書く(遠くから読めるサイズ)
2)小さい文字(ボディコピーで詳細を説明する)

以上です。

1)と2)のサイズに強弱をつけます。ここは大事です。
ここを忘れるケースが非常に多いと感じています。

みんな2)のサイズにして小さくしてしまったり、1)のキャッチを商品説明にしてしまったり。

ここを回避するポイントはPOPを置いてからお客さん目線で見直してみることです。ここが一番難しいですが、つまり、単純な話、まずキャッチが読めるサイズかどうか?ってのが一番のポイントです。

この1)と2)があれば、お客さんに対する引き込みから、商品説明までできるのではないでしょうか。

参考にしてみてください。

それでは、今日もあなたらしく、愉しい一日を♪

URAPYON

関連記事

  1. 気づき

    片道徒歩25分かけて辿り着いた焼肉屋で受けた絶望感。

    どもURAPYONです。昨日は日曜日。ふだん仕事が忙しくて…

  2. 気づき

    商品点数が多い時代にまっ先にすべきこと。

    それはセレクトとレコメンドではないかなと。今回はレコメンドの話…

  3. 気づき

    創造性の前には遊びが必要

    先日、大先輩の方々と恵比寿で密会と称して急遽集まりました。…

  4. 気づき

    本気の気づき

    本気の気づきは口に出すと必ず反感を買う。URAPYON…

  5. 気づき

    人に指摘する事が、実は自分が出来ていない事が多い説。

    これ、結構感じてます。自分が他人に指摘すること。例えば…

  6. 日々ブログ

    ビジネスマンという機械に君はなりたいか?

    どもURAPYONです。ビジネスマンにはなりたくない。…

PAGE TOP