気づき

仕事に目的を取り戻そう

コロナ以降、
僕が強烈に感じているのは、仕事に対する「目的の欠如」だ。

簡単に言うとコロナ前は仕事はルーチンだった。

なんのために?という問いに対して、「仕事だから」とか「売上のため」とか。

そんなのは目的じゃない。

ここが本当に欠如している思う。
仕事のコンセプトと言えるかもしれない。

もっと言うと仕事をすること=売上を上げることとしか思っていない向きが多い。

間違いではないが、間違いでもあると思う。

個人にしろ、組織にしろ目的、コンセプトを忘れると何か大きな変化があった時に必ず迷走する。

ごく当たり前だけど、目的を見失ったら行き先が分からない。だけど、不思議なのは、目的を見失ったと気づかないことだ。「あれ?この仕事なんのためだっけ?」というのはザラにある。それはルーチンの仕事としてやっていたからだと思う。つまり「仕事だから」やっていただけかなと。

問題はその先の目的だと思う。

これが共有されていない個人、組織はとたんに迷走する。何やったらいいか分からない。

空港にいるんだけど、どこに行くのか分からない。

空港にいながら「電車乗ろうかな?」なんて考えてしまったりする。

特に組織であれば、向かうべき目的があるかないかを聞く、とっておきの質問がある。

社長か経営幹部にこう質問してみよう。

「我々って何のためにこの事業やっているんですか?」

即答できれば目的が明確であり、出来なければ目的がないのではないか?
また目的を部下が確認するくらいでは、共有されていないという問題点もある。

目的がない個人、組織が決まって取る行動がある。
それは「圧倒的に手段に行ってしまうこと」だ。

簡単に言うとサブスクがそれだ。

ここでも新たな迷走が生まれる。
何が生まれるかは考えてみて欲しい。

僕もPOPを書いたり、指導したり、
セミナーやったり、コンサルしたりしている。

だけど目的はいつもぶれないようにしている。
ここでは書かないけど、それがあることでどんどん前へ進める。
迷いが一切ない。

悩んでいる時間が皆無。
悩んでいると考えているは違う。

悩んでいる。は時間の浪費でしかない。
すべては目的次第でうまくいく。

URAPYON

成果を出すために必要なこと前のページ

なんか自分のテリトリーは自分で作り上げるのがスキ。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    見えるスキルは、無効化の時代が来るかもしれない。

    どもURAPYONです。スキルは必要ですが、誰もが目に見えるス…

  2. 気づき

    人間の欲求を確認する時に僕はどこへ行くか?

    どもURAPYONです。マーケティングやPOPやらセールスレタ…

  3. 気づき

    誰が見てても、誰が見てなくても自分メディアは持つべき。

    ども。URAPYONです。いつもお付き合いいただき、ありがとうござ…

  4. 気づき

    毎日のルーチンから抜け出して無計画に行こう!

    世の中、計画的ですよね。たとえば、待ち合わせの時間を決めて…

  5. 気づき

    POP作成で一番忘れがちなこと

    POP作成で一番忘れがちなこと。それはPOPの置き方(貼り方・…

PAGE TOP