はじめのひとこと研究室

D2Cって結局、、、

小さいものにチャンス到来の時代です。
大きなものはピンチです。

世の中でDXだのD2Cだのと騒いでますね。

ここでちょっと冷静に立ち止まってみたいんですが、
D2C(Direct to consumer)

今で言うと流通などを通さずに販売する、主に直販を ECサイトで行うことを指しますが、突き詰めるとD2Cってそもそもシンプルな商売の形に戻っただけなんじゃないかと。

要はコミュニケーション方法がテクノロジーによって変わっただけ。

ここでリアルな接客などをシフトして展開すれば、なんら問題ない話だと思っているのですが、やたらと世の中は横文字にしたがりますよね。

ビジネス、商売は原点回帰の方向に向かっているんだと思います。

それにくわえて、ビジネス以外も原点回帰に向かっていると感じます。

===

インスタもやってます!
#hajiken2020
#はじめのひとこと研究室
URAPYON

あなたは自分を解放しているか?前のページ

大人こそ絵本。次のページ

関連記事

  1. はじめのひとこと研究室

    商品が売れて売上が立つ。という発想を捨てよう。

    商品を売って売上を上げろ!ではなく、お客さんの喜びを商品で上げよう…

  2. はじめのひとこと研究室

    いろいろ販促してきて思ったこと。

    店頭で販促のお手伝いとかネットでとかいろいろしています。そ…

  3. はじめのひとこと研究室

    POPはプライスカードのことではない。

    そもそも勘違いがあると思っている。特に小売の現場でのこと。…

  4. はじめのひとこと研究室

    「いいもの」がなぜ売れないか?

    「いいもの」がなぜ売れないか。それは「いいもの」の正体、捉…

  5. はじめのひとこと研究室

    もはや良いものだけでは売れない時代に陥りがちな視点。

    良いものが売れる時代は終わった。と言われてどのくらい経つだろう…

  6. はじめのひとこと研究室

    手書きで空気を伝える。

    今日もアクセスありがとうございます!昨日、嬉しい報告があり…

PAGE TOP