気づき

ありがとうの順序

※この記事はメルマガの再アップです。

今回は催事販売での気づき。
とある食品メーカーさまのお仕事でした。
会場は横浜アリーナ。

僕の担当は冷凍ハンバーグの販売です。
和牛を使ったこだわり商品ですが、
催事価格でお求めやすくなっております。
よりどり販売。
ですが単価は1000円を超えており、どなたでもポンポン売れるわけではないのです。
催事がスタートしてお客様へお声がけするも苦戦。
なかなか最初のお客様をつかまえることができません。

しばらくしてパラパラとお客様が販売している冷凍ケース付近まで来ていただき、
少しずつ売れるようになってきました。

その間いろいろとお声がけを変えたりして気づいたのですが、
お客様が喜んで買っていただけるには共通点があるなと気づき始めました。

それは、「ありがとうの先出し」です。

普通お買い上げいただいた後に「ありがとうございました!」は当たり前ですよね。
しかし僕はなるべくお買い求めの前(購入するかどうかも分からない段階から)
できるだけお客様への「ありがとう」を探すようにして、会話しました。

例えば、
お客様「今日ね。わたし名古屋から来たの」
僕「えー!それは遠方からわざわざありがとうございます!」
とか、

お客様「これわたし、昨日も来て買って帰ったの。美味しかったわー」
僕「昨日に引き続き、今日も来ていただいたんんですか!嬉しいです!」

お客様「これ和牛?おいしそうね」
僕「ありがとうございます!そうなんです。しかも冷凍ですからいつでもお召し上がりいただけて便利なんです!」

という具合でした。
お陰様で商品は完売。
無事催事を終えることができました。

ここで僕の勝手な意見ですが、

「お客さんって商品を求める前にありがとうを求めているんじゃないかな?」ってこと。

ありがとうを言われて嫌になる人ってまずいません。

買っていただいてから「ありがとう」を言うのではなく、
結果を求めずにまず、お客様の行動に「感謝」を示すことで他のお客様も
来ていただく連鎖が生まれたように思いました。

加えて売ってる自分も楽しくなり、お客様にも楽しんでいただきました。

最近思うことですが、「いらっしゃいませ!」だけのお店もあれば
「こんにちは!」、「ご来店ありがとうございます!」のお店まで様々。

ただ言っているだけでもだめですが、お客さんが入っているお店は、
お客様がご来店していただくことを「当たり前」とせず、
ありがとうの順序を意識しているのかもしれませんね。

10年通い続けた美容院を変えた理由。前のページ

販売する人必見!運動会で学んだたったひとつの事次のページ

関連記事

  1. 気づき

    URAPYON流、良いPOPを見分ける正しい方法。

    仕事柄、常にPOPはウォッチしています。で、今回はURAP…

  2. 気づき

    初新大久保。なぜ若い子から主婦までKPOPに魅了されるのか?

    初新大久保行ってきました。とにかく人が多いですね、、、、…

  3. 気づき

    仕事ができる、できないの本当の意味。

    今日もアクセスありがとうございます!最近デスクまわりをプチDI…

  4. 気づき

    本との出会いは自分次第

    たまに「本との出会い」を売りにしている(ような)書店さんてありますよね…

  5. 気づき

    ブロックエディタが使いづらいのでいろいろ試すページ。

    見出しを入れてみる。引用を入れてみた。…

  6. 気づき

    どういうわけだか、手段に行ってしまう。

    何かプロモーションをやろう。広く認知させよう。そう思…

PAGE TOP