気づき

どんな事でも、どんな人でも気づきになる

どもURAPYONです。

退屈な会議ってありますよね。
もちろん会議の内容にもよりますが、
本当にどうしようもない会議は
どうしようもない。

時間の無駄でしかない。

サイトで無駄こそ!と言っておきながら、
これは本当に無駄。

同じ日本語を話していても
たまに恐ろしく論点の外しまくっている人っていますよね。
笑っちゃうスイカ割りのような。

行先が一人だけ違う人。

そういう考え方もあるね。
とかいうレベルではなく、
全然ベクトルが違うんですね。

こういう時、
僕、意地が悪いので間接的にまわりこんで、
微妙に追い込んだりします(笑)

分かるか分からないぐらいがポイント。

ま、それはどうでも良いとして、
なんかいろいろ進めるにあたり、
なんでもかんでも共有すればいいってもんじゃないなって
ものすごく感じました。

生産的な議論を邪魔する人は
邪魔でしかないですよね。

こういう人どうにか出来ないのも事実ですが、

こういう会議って無駄だなぁって気づかせてくれる
ありがたい存在でもありますね。

どんな風に物事を見るかで
なんでも次に生かせそうですね。

ありがとう。

URAPYON

折れるしなやかな力前のページ

繁盛は認識率が左右する次のページ

関連記事

  1. 気づき

    「べき論」とかウザい。

    べき論。本当キライなんですよねー。なんか、最初からして…

  2. 気づき

    コンテンツとサービスのバランス。

    売るにあたってコンテンツ(商品)の質は言わずもがな、ですが、…

  3. 日々ブログ

    #ひとりごと191206

    社会には問題はあるが、答えがない。なので正解もない。だから今あなたが実…

  4. 気づき

    本との出会いは自分次第

    たまに「本との出会い」を売りにしている(ような)書店さんてありますよね…

  5. 気づき

    誰もが「メーカー」でなければ生き残れない。

    ホワイトカラーは情報の製造業である。とは、山口周さんの言葉です…

  6. 気づき

    安くしても売れない時にチェックするたったひとつのポイント

    商品が売れない。サービスが売れない。極限まで安くしても…

PAGE TOP