気づき

イライラはどこから来るのか?

イライラはどこから来るのか?

そんなこと考えたことある?

だいたいの答えは相手から。じゃないだろうか?

つまり相手が鬱陶しいとかウザいとか、思ったように動いてくれないとか。

でも僕が思ってる結論は、全部自分。

自分がイライラを作っている。

でもほとんどの人が他人に向けたイライラを感じているのが大半だろう。

でも本質は違うと思う。

それは他人をコントロールする時に産声を上げる。

思うように動いてくれない。

これに対してのイライラでは実はない。と考える。

他人を思うように動かせない自分に

イライラしているんだと思う。

思うように動いてくれなかったり、遅かったり。

この遅かったり。と感じる原因はほぼ間違いなくグーグル先生のしわざ。

僕たちは検索結果表示のスピードに慣れすぎた。

何かを代入すれば、なんらかしらが出てくる習慣に慣れすぎたのだ。

あなたは今日、何回検索窓に言葉を打ち込んだのか?

ゼロかもしれないが、検索習慣は人のイライラを助長する一端ではないかと思う。

他人をコントロールするくらいなら、イライラせずに自分をコントロールできるようにしたい。

かくいう僕もイライラする。

イライラしている時間をなくして、もっと自分に時間を使おう。

くだらないイライラは人生にイラない。

URAPYON

保護中: 買わせるためにはコレを作れ!前のページ

コロナウイルスから学ぶ売上の作り方。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    売上をあげるために風景を見る。

    松屋。場所は上野。お店の入り口を見ていると同じような光景にいつ…

  2. 気づき

    品格とは何か。

    おはようございます。突然ですが、品格ってなんでしょうか?…

  3. 気づき

    キャッチコピーが書けない!って人要注意!たぶん企画書のタイトルを最後に書くタイプ。

    キャッチコピーって難しいですよね。なかなかスッと出てこない。…

  4. 気づき

    「発信力」「自己開示力」が「出会い」と「繋がり」を産む

    facebook使っていますか?僕はなんだかんだで、ほぼ毎日投…

  5. 気づき

    つぶやき。これだけは。

    つまるところ、自分に、これだけは!というものがあるかどうか…

PAGE TOP