気づき

イライラはどこから来るのか?

イライラはどこから来るのか?

そんなこと考えたことある?

だいたいの答えは相手から。じゃないだろうか?

つまり相手が鬱陶しいとかウザいとか、思ったように動いてくれないとか。

でも僕が思ってる結論は、全部自分。

自分がイライラを作っている。

でもほとんどの人が他人に向けたイライラを感じているのが大半だろう。

でも本質は違うと思う。

それは他人をコントロールする時に産声を上げる。

思うように動いてくれない。

これに対してのイライラでは実はない。と考える。

他人を思うように動かせない自分に

イライラしているんだと思う。

思うように動いてくれなかったり、遅かったり。

この遅かったり。と感じる原因はほぼ間違いなくグーグル先生のしわざ。

僕たちは検索結果表示のスピードに慣れすぎた。

何かを代入すれば、なんらかしらが出てくる習慣に慣れすぎたのだ。

あなたは今日、何回検索窓に言葉を打ち込んだのか?

ゼロかもしれないが、検索習慣は人のイライラを助長する一端ではないかと思う。

他人をコントロールするくらいなら、イライラせずに自分をコントロールできるようにしたい。

かくいう僕もイライラする。

イライラしている時間をなくして、もっと自分に時間を使おう。

くだらないイライラは人生にイラない。

URAPYON

保護中: 買わせるためにはコレを作れ!前のページ

コロナウイルスから学ぶ売上の作り方。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    本当の解決とは新たな問題を産まない。

    出張先の大阪。イベントが終わり、帰りにコーヒーでもとセブンに立…

  2. 気づき

    ストレスとは、人をコントロールしようとすることである。

    ストレスありますか?ストレスは何も悪いばかりではないと思ってい…

  3. 気づき

    結局はコンテンツ。これ作れなきゃやってけない。

    結局コンテンツ。これに限る。商品を作っていて商品だけで…

  4. 気づき

    つぶやき。仕事できる、できないの定義。

    仕事できる、できないの定義は、仕事を創れるかどうかだと思う。…

  5. 気づき

    つぶやき。商いの未来

    商いの未来は逆光してきていると感じる。それはよりパーソナルにな…

  6. 気づき

    本当のプロはアマチュアであり、プロ。

    お客様目線。どこでも誰でも言ってる。でも出来ていない、…

PAGE TOP