気づき

クリエイティブよりイマジネーション

人を傷つける人がいる。

物理的な暴力はなかな少ないと思うけど、今はいわゆる「言葉の暴力」が多いのではないか?暴言というか恫喝というか。

いわゆるパワハラなんかもその類。

こういう人に言いたいのは、

「あまりにも想像力が欠けていますね」

ということです。
いろんな人間関係があるにせよ、度を超えたものはその人を傷つけます。「最近の若いやつは」とか「いい歳してそんなひとことで?」なんていうのは、ますます想像力のない証拠。

なぜか?というとその対象であるその人のその先にいる人のことを、あまりにも考えていないということ。

例えばパワハラがあったとして、精神的におかしくなっている夫を見て、奥様、その子供達はどう思うのか?考えたことがあるのか?

そんな姿を見たら、どう思うのか?

そんな想像力さえもないのか?

と思うのは至極当たり前のことだ。
決していい気分にはならないのは、誰が見ても明らかだ。

そんなことも分からないで恫喝するなんて、
想像力が欠けている以外のなにものでもないのではないか?

僕はそう思う。

これは接客などに対しても言える。

最近では袋に入れますか?
とか包装しましょうか?など聞かれるケースも多い。

もちろん、聞くことがだめではない。
ただ接客をしてクロージングしていく中で、なかば機械的に確認をしてくる人もいる。

もっと想像力が必要だ。

人を慮ることが必要だ。

思いやりだ。

それがなければ人間ではなくなってしまう。
言われた人も人間ではなくなってしまう。
心が壊れてしまう。

感情があるのも人間。
感情を使えるのも人間。

どう使うかがあなたが人間たらしめる価値のひとつだと僕は思う。

人を尊重しよう。
関心を持とう。

想像力を鍛えよう。

===

インスタもやってます!
#hajiken2020
#はじめのひとこと研究室
URAPYON

最後までが肝心。前のページ

数字だけで判断するのってやっぱヤバい。次のページ

関連記事

  1. はじめのひとこと研究室

    ドライブってドライブ。

    ドライブって外界から遮断された空間。運転することでもちろんスマ…

  2. 気づき

    なぜ僕は本を読むのか?

    なぜ本を読むのか?それは本質に近づくため。本を量読んで…

  3. 気づき

    本当にお客さんの事を思っていて、その人が自店を愛しているかを見分ける質問。

    想像してください。あなたはとあるレストランに入りました。初…

  4. 気づき

    商品を選ぶのは本当に至難の技

    ようやく、ようやくです。腕時計買いました。というか買え…

  5. 気づき

    やってみないと見えない風景はたくさんある。

    今日は高田馬場で仕事でした。結局、お昼をとるタイミングがなく、…

  6. 気づき

    販売する人必見!運動会で学んだたったひとつの事

    ※この記事はメルマガの再アップです。こんにちは。久…

PAGE TOP