気づき

コミュニケーションは言葉だけではない。

from 新幹線の中より

広島駅。

帰りの新幹線の中で飲むアイスコーヒーをスタバで購入。

そのスタバでの光景でした。

広島は原爆ドームなどがあるので、
海外のお客様が多いのが目立ちました。

スタバで並んでいると
海外の方、ご年配の方、それぞれ並んでいて、
並びながら接客を観察。

スタバをよく使う人であれば
そんなことはないと思いますが、
注文時につまづくのが、サイズ。

ショート、トール、グランデ、ベンティー。

名前からサイズ感を連想するのは難しいですよね。

他のスタバでもやっているお店、
やっていないお店があるのですが、
こんな風にカップを展示していました。

これがあることで、
接客がスムーズなんですよね。

特に
海外の方、
ご年配の方。

サイズが一目瞭然なので、
「このサイズで!」
と指さすだけ。

僕はPOPなどテキストで案内、
紹介するケースか多いのですが、
今回のような

語らずして語る。

 
のって大事だなと改めて思いました。
特に商品陳列なんかでもそうです。

陳列の仕方で
どれがオススメかなんて事は語れます。

そういう非言語コミュニケーションも
伝えるための手段として大切ですね。

あなたもなんでもかんでも
言葉だけで語ろうとしていませんか?

もう一度見直してみると
ヒントがあるかもしれません。

URAPYON

単身、広島へ。前のページ

書斎のデスクを新調。次のページ

関連記事

  1. はじめのひとこと研究室

    『美味しい』はどこにあるか?

    美味しいはどこにあるか?美味しいとは何か?僕は美味しい…

  2. 気づき

    保護中: ストレスをゼロにする方法。

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  3. 気づき

    プラットフォームを作る事が稼ぐ事であり、 プラットフォームに依存しない事が稼ぐ事である。

    プラットフォームを作る事が稼ぐ事であり、プラットフォームに依存しな…

  4. 気づき

    百貨店のリスキーな商売に本当に危機感を感じる。でも逆にそれはものすごいチャンスでもある。

    百貨店で先日買い物しました。買い物をしたからこそ感じた事を今回書い…

  5. 気づき

    ちょっと予想外の声かけ

    出張の帰りの新大阪駅。たまには、というか、いつも帰りが遅く…

  6. 気づき

    ただただ移動せよ!

    会社を辞める。と聞いた時、どう思うだろうか?逃げる。という…

PAGE TOP