気づき

ネット注文で気づいた販売の変遷

なんで、
年末だけこんなにアホみたいに忙しいんでしょうね。

忙しすぎるから
買い物は全部Amazonになるんだよな、、、
(勝手に自己正当化)

で、毎日Amazonでポチポチしているんですが、
本を買っていて、
気づいたことがあります。

それは本の「補充注文カード」

これ、ネットだったら、
全然関係ないものだなと。

何が言いたいかというと
こういうものが、
やがて全部なくなるんだろうなと。

今に始まったことじゃないですが、
販売の形態、発注の形態が少しずつ変わっていって、
やがてはなくなるんだろうと。

書店の人は販売するときに
この「補充注文カード」をもとに発注するんでしょうけど、
そもそもチャネルがネットであれば
いらないただの「紙」です。

こういうのって知らないうちになくなっていって、
ある時、
「そんなのあったねー!」
みたいな会話になるんだと思います。

消費の変遷や、生活スタイルって、
振り返ってみれば、、、という事が多く、
後から気づくものが多いですよね。

補充注文カードを見て、
消費のありかたの変遷を垣間見た、
そんな出来事でした。

知らないうちに変わっているもの。
どれだけ気づけるかなぁ、、、

知らず知らずのうちにアハ体験?

URAPYON

成熟したサービスが形骸化している前のページ

励ましの言葉から覚醒しました。次のページ

関連記事

  1. はじめのひとこと研究室

    こんなものは売ってはいけない!

    あなたは何かを販売していますか?僕はいろんなものを販売してきま…

  2. 気づき

    人というのは本来コントロール不能だ。しかし世の中は操りたい人だらけ。

    人を動かす。デールカーネギーの名著。かなりの冊数を販売…

  3. 気づき

    URAPYON流、良いPOPを見分ける正しい方法。

    仕事柄、常にPOPはウォッチしています。で、今回はURAP…

  4. 気づき

    本当にお客さんの事を思っていて、その人が自店を愛しているかを見分ける質問。

    想像してください。あなたはとあるレストランに入りました。初…

  5. 気づき

    音楽を聴こう。誰かと聴こう。

    便利な世の中です。ただどこを持って便利と呼ぶかは人それぞれ。…

  6. 気づき

    どう自分の領域を作っていくか?

    どう自分の領域をつくっていくか?まずは好きなこと。これ…

PAGE TOP