日々ブログ

ラーメン屋で「誰か早く会計に行けよ!」って心の底から念じてた話。

ちょっと前にフラッと立ち寄ったラーメン屋での話です。

席は7割くらいは埋まっていたでしょうか、
少し急いでもいたので、
一番入り口近くのカウンター席に座りました。

注文をすませ、
スマホでSNSなどを一通りチェック、
それも終えると読書をしながらラーメンが到着するのを待っていました。

すると一人会計のため、
レジの前に客の男性がやってきました。

そこでお店のおばちゃんが、
「ありがとうございます!今、福引やっているので一回ゆっくり回してください」
と伝えていました。

ほぉ、ラーメン屋で面白い取り組みやってるんだなぁなんて思いながら、壁に目をやると、福引の内容が貼りだしてあり、一等はその日の食事がすべてなんと無料!と書いてありました。

太っ腹!と思いつつ、
どうせ一等なんてそうそう出ないんだろうな、、、
と思っているうちに熱々のネギラーメンが運ばれてきました。
一口目を口にした途端、

「キンコンカンコーン♪」

安っぽい電子音とともに、おばちゃんが、

「おめでとうございまーす!本日のお食事無料でーす!」
「おめでとうございまーす!」(←厨房から)

 

なんとこのお客さん一等を当ててしまいました!
やっぱりちゃんと一等入ってるんだ。
いきなりすごいなぁ、、、と思いつつ食べていると
今度はまた次のお客さんが会計にやってきました。

さっきと同じくだりをおばちゃんが説明したあと、
お客さんがゆっくりまわす、、、

カラン♪

「あらやだ、」(お店のおばちゃんの声)

「キンコンカンコーン♪」
「おめでとうございまーす!本日のお食事無料でーす!」
「おめでとうございまーす!」(←厨房から)

 

正直、えっ?っと思いましたよ。
だって二回連続でアタリですよ。
お店大丈夫かな?と思うのと同時に
このあたりからお店に嫌な雰囲気が流れ始めます。

それは、

「俺の時ハズレだったら恥ずかしい…」

 

こういう空気です。
明らかにこういう空気が
餃子の焼けるおいしい匂いとともに店内に漂ってました。

人の事は言えませんが、
どう見ても食うのが早そうな
体格の良い男性でさえ、
食べるペースを落としているのが伺えます。

そして先の二人のお客さん以降、
会計へ行く客がピタっと途絶えました。
というか、もう誰か先に行け!という空気感。

まったく不毛な戦いの始まりです。

しばらくしていると
ようやく会計へ
奥の席からふたり連れのサラリーマンが出てきました。
なるほど!
二人連れならハズレてもあまり恥ずかしくないよな、うん。
と思い、安心して最後の麺を食そうとしたその瞬間、

「キンコンカンコーン♪」
「おめでとうございまーす!本日のお食事無料でーす!」
「おめでとうございまーす!」(←厨房から)

 

もぉー、この店バカバカバカー!
本当ーにバカー!

そんなんじゃ、
売り上げ立たないだろー!
すこしはハズレ入れとけよー!!!

次に会計行くのもんのすごいプレッシャーだわ!!!まったく、、、
と思った瞬間に

あ、でもちょっと待てよ。

これもしかして、
お店の大盤振る舞い企画で、
まさか、まさかの

「誰がやっても一等なんじゃない?」

 

そうだ、絶対そうだ!
そうなら全然怖いものないです(かなりの小心者w)
だって誰がやったって一等なんだよ。うんうん。

てことですぐに会計に行きました。

「ありがとうございます!今、福引やっているので一回ゆっくり回してください」
…ハイハイ、分かってますよ、全部一等なんだよね、これ(嬉笑)

カラン♪

「はい、替え玉無料券でーす!」

 

あ、やっぱり、、、

超小心者のURAPYONでした笑

URAPYON

やめられない!とまらない!三國屋の海苔が旨すぎ。開けたら最後ユーキャントストップ!前のページ

なぜスキルだけではダメなのか?それはとことん真似されるから。次のページ

関連記事

  1. 日々ブログ

    つぶやき。みんなが忘れているもの。

    みんな自分のことで精一杯で感謝することを忘れている。感謝こそ財…

  2. 日々ブログ

    余計なひとこと。

    おはようございます。必ず余計なひとこと言う人っていませんか。…

  3. 日々ブログ

    思いつきでリビングの模様替え

    思いつきで模様替え。というか単なるレイアウトをちょこっと変えた…

  4. 日々ブログ

    【訃報】LINKIN PARKのチェスター・ベニントン死去

    悲しいニュースです。信じられない!奥さんからの突然のメール…

  5. 日々ブログ

    誤解しないでねw

    オレオレ詐欺って本当に勉強になるよ。URAPYON…

  6. 日々ブログ

    見ていてくれる人はきっといる。

    今までの僕の経験上、救われるのはお客さんの存在だ。いつも僕を助…

PAGE TOP