気づき

商品知識でもない、セールストークでもない、ベテラン販売員と新人販売員の決定的な違い。

どもURAPYONです。

新幹線と言えば社内販売。
先月乗った新幹線での気づきです。
このシーズン。ちょうど新人の販売員さんの研修のようです。

先輩らしき販売員さんと二人で車両を周っていました。

先輩がフォローしながら、
初々しい新人さんが接客してくれます。

多少のたどたどしさは愛嬌です。
その接客を見ながらの気づきですが、
ベテランと新人さんで何が違うのか?

それは、

察知力でした。

お客さんの察知力。

経験がないので、
仕方ないのかもしれませんが、
まず新人さんは買おうとしているお客さんに気づきません。

転じてベテラン販売員さんは総じてお客さんを察知します。この違い。

だから多分、
売れるか売れないかは見込み客をどれだけ察知できるか?
この違いなんでしょうね。
これすごく大切だと思います。

お客さんはお客さんになろうとしているけど、
それに気づいてあげなければ、
当然、売上になりません。

この新幹線の気づきは勉強になりました。
やっぱりアンテナ張ってないとだめってことですね。

URAPYON

写真で一言。前のページ

上から目線の自己投資論次のページ

関連記事

  1. 気づき

    働き方は生き方に変わる。

    どもURAPYONです。ご無事でしょうか。急激に働き方…

  2. 気づき

    保護中: “売る”という言葉に潜む落とし穴

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  3. 気づき

    人は待てなくなっている。

    世の中のスピードが異常なほど速くなっています。異常なほどに。…

  4. 気づき

    モノとしての価値。

    バスフェスタ2日目です。僕はまだ釣り自体はやらないんですが、…

  5. 気づき

    人に指摘する事が、実は自分が出来ていない事が多い説。

    これ、結構感じてます。自分が他人に指摘すること。例えば…

  6. 気づき

    予期せぬ雑談が、予期せぬ価値を産む

    どもURAPYONです。「伝えて・届けるお手伝い」してます。…

PAGE TOP