気づき

安くしても売れない時にチェックするたったひとつのポイント

商品が売れない。

サービスが売れない。

極限まで安くしても売れない。

安売りをすべて否定はしません。
時には必要な時もあると思います。

安くしてはいけない商品もありますが。

前に値段をもうここまでしてもなんで売れないの?
っていうクライアントに遭遇した時がありました。

そう、極限まで安くしても売れないのです。

しかもその業態は安売りがお客さんの特性としては、ぴったりなのに。です。

つまり安売りにとびつく客層なのに
安売りが売れない。

そんな時のチェックポイントはただ1つ。

正当な安売りの理由を明確に伝えること

これです。

事実、この時に安売りの理由を書いたら途端に売れだしました。

安いから売れるだろう。

ただそれだけでもダメってことですね。

お客さんは安いのが好きだけど、あまりに安いと逆に怪しんでしまいます。

正当な理由がないとだめです。

お客さんは安いだけではなく、安心。
つまり失敗したくない。
も買っているのです。

ここを忘れずに!

URAPYON

ニセ者コンサルを見抜く方法教えます。前のページ

5時間半待てる楽しみってあるか?次のページ

関連記事

  1. 気づき

    2021年の終わりに。

    早いもので今日で一年が終わる。本当に早い。今年は色々経…

  2. 気づき

    どんなにテクノロジーが発展してもアナログには勝てない

    今日もブログを開いていただき、ありがとうございます!湿気が嫌な…

  3. 気づき

    chat GPT などのテクノロジーの進化で失うものとは。

    お久しぶりです。お元気ですか?生きております。今日はも…

  4. 気づき

    どんな時でもフレッシュで若い感覚は大事。

    今日もアクセスありがとうございます!過ごしやすい陽気になってきまし…

  5. 気づき

    「苦手」という悪魔を追い払え!

    学校も終業式を終えて冬休み。通知表が配られます。僕は成績が…

  6. 気づき

    つぶやき。仕事のできない人はいない。

    仕事のできない人はいない。やろうとしないだけだと思う。…

PAGE TOP