気づき

店頭販促の仕事をしていて困ること

どもURAPYONです。
「伝えて・届けるお手伝い」しています。

現在、主に食品メーカー様の商品を店頭でご紹介する仕事をしています。
はやい話が店頭での試食販売や、販売です。

僕のお客様は老舗の会社様だったり、
老舗でなくてもこだわり、
それも相当なこだわりを持った方達が多いです。

店頭では割と作り手の方達からもらった情報を
そのまま伝えるのではなく、
自分のフィルターを通して情報を咀嚼して、出力する。

ようなことをやってます。

例えばPOPを書いたりとか、
陳列だったりとか
商品の案内。

もちろん伝えるには商品のことを知らなければいけません。
自分で買って食べてそれを伝える。

こんなことをしています。

で、たまに熱が入りすぎてしまうんです。
プライベートなどでもおすすめしてしまう。
※押し売りではないです。

SNSなんかでも発信しています。
※主にfacebook

ちょっと長くなってしまいましたが、

困ることというのは、仕事で紹介する商品を
仕事ですすめているのか、
プライベートですすめているのかの境が
曖昧になってきてしまうんですね。

つまりステマ的になってしまう。

仕事だからすすめてる。
みたいに取られてもおかしくない状況です。

ですが、本当にいいものだからおすすめしたいんですね。

ここがいつも悩ましい。

だから、
自分なりの情報の露出を調整しながら
日々発信しております。

注)このブログではそんなことないですが、facebookだと、ちょっと考えないとステマと取られるかも笑

しかし、良い商品をお持ちのお客様を担当できて、
それはそれで幸せなんですよね♪
ありがとうございます!

あなたは仕事の上で本当に自信をもってすすめられる商品、
ありますか?

URAPYON

最近、まわりで起こる出来事のタイミングが神がかっている。前のページ

大人の社会科見学@鈴廣かまぼこ次のページ

関連記事

  1. 気づき

    超関係性時代と循環型ともだち経済

    顔の見える。は野菜だけじゃない。商品を選ぶとき品質はも…

  2. 気づき

    有益な情報はどこにあるか?

    情報に溢れています。ネットで探せば、情報はどこでも手に入る。…

  3. 気づき

    どれだけ言い切れるかって大切。

    「あ、これ知ってるかもしれない〜」テレビから流れる女性タレントの声…

  4. レビュー

    【映画JOKER】反響の多い映画の共通点とは?

    反響の多い映画の共通点とは何か?それは反響の多い=売れている映…

  5. 気づき

    コロナで何ができたか?人の整理ができた。

    どもURAPYONです。コロナになってずいぶん経ちましたが、あ…

  6. 気づき

    チャンスの時って「チャンス来たーーー!」って時だけでもない話。

    どもURAPYONです。最近、ついてます。めっぽう、ついてます…

PAGE TOP