日々ブログ

映画の観方について

どもURAPYONです。

映画観てますか?

僕もそんなに頻繁ではないですが、
気になるものがあったら観るようにしてます。

今回は映画の観方。です。

最近思うのは、
映画そのものを

「納得できるかどうか?」

という観点で観る人が多いような気がします。

みんな評論家みたいに
ストーリー、果ては脚本なんかまで
口にする(笑)

つまり
自分の予想を越えないで落ち着くストーリーか、
予想を越えてもまだ許容できる範囲のストーリーか?

で映画の良し悪しが語られる事が多いような気がしてるんですよね。

僕は、

「この映画は自分はどのように感じるか?」

を気にするようにしています。

例えストーリーの解釈が全然間違っていても気にしません。

だから一緒に誰かと観た時に全然意見が合わなかったりもします。

自分にとってどうか?
どう感じたか?

そう観ると、
そこでまた新たな気づきがあるんです。

もし漠然と映画を観ている人がいたら、
自分なりの観方を見つけるのも面白いですよね。

それでは、また、さいなら、さいなら。

夏休みまっただ中です。前のページ

夏休みに感じたこと次のページ

関連記事

  1. 日々ブログ

    【多少ネタバレ有】『スターウォーズ/最後のジェダイ』を観る前に予想していた事

    ちょっとしばらくはスターウォーズの記事になるかと思いますが、お…

  2. 日々ブログ

    【ひとりごと。】はじめます。

    どもURAPYONです。ひとりごと。はじめます。前もそ…

  3. 日々ブログ

    見えないものを作っている人の価値。

    これ、ほんと共感↓「タダで○○してよ!」は禁句。忖度なしの《ク…

  4. 日々ブログ

    僕が考える「良書の定義」

    良書の定義を考えてみた。僕が考える良書の定義は以下の通り。…

  5. 日々ブログ

    心理的安全性について

    おはようございます!こんにちは!こんばんは!今日も見ていた…

PAGE TOP