気づき

本との出会いは自分次第

たまに「本との出会い」を売りにしている(ような)書店さんてありますよね。

確かに色んな本を揃えていて、揃えてあるからこそ出会えるのだとも思いますが、僕が考える「本との出会い」というのは少し違います。

それは、

本との出会いは自分次第である。

ということ。

主に自己啓発やビジネススキルに限ってですが、不思議と自分にあった本というのは自分がそのステージにいる時に出会えるような気がしています。

本との出会いって、単なる書店で出くわす。

ってだけではなく、今現在の自分に最適なタイミングで目の前に現れ、また自分も吸収する準備ができていること。

これが僕が思う「本との出会い」です。

書店でばったり会ったとしても自分のスキルが足りていなかったりしていたら、目の前にある本も生きてこないし、自分の中にも入って来ない気がするんですよね。

いわゆる身の丈にあった本との出会いなのか、背伸びしすぎている出会いかみたいな感じです。

だから最適な本、良書というのはそれぞれ自分の位置によって決まるし、最適なタイミングでないと活かせない。

つまり、その本に見合う自分が用意できているか。につきます。

自分をグレードアップすれば、さらに高みの本と出会えると信じています。

以上、URAPYON的、本との出会いでした。

URAPYON

ウソはいけないぞ、ウソは(笑)前のページ

色々あってひとまずブログお休みしています。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    確信へと変わった。

    まず業界は全然関係がないという事。業界ではなく、役割と捉えると道は…

  2. 気づき

    勉強嫌いをなくす方法

    勉強は好きですか?僕は学生時代に勉強を好きだと思ったことは…

  3. 気づき

    「お願い営業」をしないためには

    一番嫌いな営業がある。お願い営業だ。「買ってください」…

  4. 気づき

    平和は苦しみの後に訪れる。

    平和は苦しみの後に訪れる。『ミッションインポッシブル/フォール…

  5. 気づき

    仕事が奪われる時代に何をすればよいか?

    どもURAPYONです。あなたの商品、サービス、お客さんに届い…

  6. 気づき

    つぶやき。いま目の前の仕事とは何か?

    いま目の前の仕事とは。次の仕事へのプレゼンである。URAP…

PAGE TOP