気づき

百貨店のリスキーな商売に本当に危機感を感じる。でも逆にそれはものすごいチャンスでもある。

百貨店で先日買い物しました。
買い物をしたからこそ感じた事を今回書いてみたいと思います。

それは、
結局、百貨店って基本「待ち」の商売。

だという事。

いいものを取り揃えて待つ。
という感じですね。

よく言われると思うんですが、
「良いものがあれば売れる時代は終わった」
とか
「良いものを作れば売れる時代は終わった」
みたいなこと言いますよね。

考えてみると、
これ百貨店ですよね。

いいものを置いているという。
置いてれば売れるだろうという。

僕が思う百貨店に足りないと感じるのは、お客さんとの関係性。

これまったくと言っていいほどないですよね。

裏を返せばですが、百貨店がこれを本気でやりだしたらそれは脅威ですよ。いい商品があっていい人材がいれば最強でしょう?そこに信頼が生まれると思うんですが、なぜか昨今の百貨店はシステムとかそういう無機質な人間力を発揮しない仕組みに重きを置きすぎた。だから低迷しているんじゃないか?というのが僕の見立てです。

弱点が分かるということは、逆をやれば圧倒的な強さを持つことになる。

ただそれは一朝一夕でできることではない。というのが最大の分かれ道でしょうね。

そう思うと低迷しているお店、業界ほどチャンスがあると思いませんか?
なんか書いてて勇気出てきました笑

あなたのビジネスの弱点はなんですか?
ちょっと考えてみると思わぬヒントが隠れているかもしれませんね。

URAPYON

本屋で本を探していて感じた違和感。前のページ

【昨日の補足】百貨店は得意な所があるのに気づいていない。つまり外商の方法を一般客にシフトするべき。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    本当のプロはアマチュアであり、プロ。

    お客様目線。どこでも誰でも言ってる。でも出来ていない、…

  2. 気づき

    人間、完璧を求めたら社会にとって損失だ。

    学校教育って満遍なく成績良くないといけない。みたいなのあるよね…

  3. 気づき

    人が自発的に動けなくなるメカニズム

    自発的に動いてくれない。なんて悩みはどこでも聞く。会社…

  4. 気づき

    すべては誰かの価値観に支配されている。

    どもURAPYONです。毎回ツイートみたいな投稿ですみません。…

  5. はじめのひとこと研究室

    商品が売れるとは、まず現れることである。

    商品が売れるとは、まず現れることである。#はじめのひとこと研究…

PAGE TOP