日々ブログ

見ていてくれる人はきっといる。

今までの僕の経験上、救われるのはお客さんの存在だ。

いつも僕を助けてくれる。

四面楚歌になっても助けてくれる。

辛い時に温かい言葉をかけてくれる。

それがなによりも「心」があって温かい。

ただその言葉をいつもかけてくれるわけでは当然ない。

いつもものすごくいいタイミングでかけてくれる。

本当にありがたい。

救われる。

お客さんの方だけ向いてればいい。

僕はいつもそう思っている。

自分がいる価値を教えてくれる存在はいつもお客さんなのだ。

今日もまた救われた。

それは鬼滅の刃の鬼にも似た感覚かもしれない。

きっと誰かが見てくれている。

それを信じよう。

自分を信じよう。

URAPYON

あなたは「自分」を生きているか?前のページ

やっぱミスチルはすげーわ。次のページ

関連記事

  1. 日々ブログ

    #ひとりごと201210

    けっこう狭い世界を生きている人は多い。べき論の人に多い。URAPY…

  2. 日々ブログ

    こういうのホント勉強になる

    絶えず情報の出し方、伝え方を考えてる身としては、こういうの本当…

  3. 日々ブログ

    僕が考える「良書の定義」

    良書の定義を考えてみた。僕が考える良書の定義は以下の通り。…

  4. 日々ブログ

    何をやってもうまくいかない時は花を買おう。

    どもURAPYONです。こんなことありませんか?何をやって…

  5. 日々ブログ

    『スターウォーズ/最後のジェダイ』ちょっと残念すぎるグッズ

    たぶん、ディズニーランドを真似てなんでしょうけど、ちょっとこれ…

PAGE TOP