気づき

顧客満足度を上げたければ、非効率にせよ!!

どもURAPYONです。

先日地元の本屋で色々と物色していたら
知らないうちに閉店間近。

そんな時お店は
こんな状況ではないでしょうか?

♪蛍の光が流れ出す。

 

ほとんどこれですよね。
もしくは、「まもなく閉店のお時間です、、」
のアナウンスが流れるとか。

だいたいそんなもんですよね。

この本屋もそうでした。

—–

また違う日に今度はスタバにいました。
原稿を書いていて
気づくとこれまた閉店間近。

しかし、蛍の光は流れてきません。

あれ?閉店時間変わったのかな?と
思ってたら、ここでは

店員さんがお客さん一人一人に声をかけていました。

 

そのまま帰っても良かったんですが、
せっかくなんで席についていました。
※こういうの絶対に確認するタイプです。

店員さんがやってきて、
「お客様恐れ入ります。まもなく閉店のお時間でございます、あッ、カップはそのままでかまいません。またのご来店をお待ちしております。」

どうでしょう?
この違い

スイッチひとつの「蛍の光」で
閉店を知らせるお店と
お客さん一人一人へ会話をして、
しかも再来店の促しまでする。

もちろんお店の規模にもよると思いますが、
そこまで大きくないお店だったら、
声かけくらいは出来ますよね。

こういうお店のアクションって
それ自体は小さいんですが、
なかなか出来ないお店が多いです。

こういうさりげない接客が
お客さんとの関係性を作っていくんですよね。

僕が最近注目しているワードのひとつ

非効率

 

まわりにはまだまだチャンスがありそうですね。

URAPYON

自分だけができる事しかやりたくない。前のページ

言葉の破壊力次のページ

関連記事

  1. はじめのひとこと研究室

    商品が売れるとは、まず現れることである。

    商品が売れるとは、まず現れることである。#はじめのひとこと研究…

  2. 気づき

    商品点数が多すぎて把握できなくなっているお店が多くなってきた。

    先日ショッピングしていて気づいたことがあります。それは商品点数…

  3. 気づき

    誰もが「メーカー」でなければ生き残れない。

    ホワイトカラーは情報の製造業である。とは、山口周さんの言葉です…

  4. 日々ブログ

    #ひとりごと191209

    リピートする購買行動は、買ってくれている。ではない。支持してくれている…

  5. 気づき

    平和は苦しみの後に訪れる。

    平和は苦しみの後に訪れる。『ミッションインポッシブル/フォール…

  6. 気づき

    感性は時空を超える。

    どもURAPYONです。先日、とある勉強会つながりで以前からお…

PAGE TOP