はじめのひとこと研究室

100%は0%。

どもURAPYONです。

今日はサービスの話。

あなたは最近感動したサービスってありますか?

別に大げさでなくても構わないんですが、なかなかないですよね。

例えばホテルで言ったらリッツカールトンの本に載っているような話ってなかなかない。

まぁこういう話も盛っていることも多いと思うんだけど、感動超えることってそうそうないし、作るのも結構難しいと思う人が多いと思います。

ただ、これは考えようによっては簡単です。

結論から言うと100%では0%。

ということです。

どういうことかと言うと、例えば自販機。100円を入れて100円のジュースが出てきたとします。

これってそのままですよね。

つまり100%。

100円入れて100円の商品が出てくる。

当たり前のことですが、100%。

これだから感動がないんだと思うんですよね。

これは自販機の話ですが、いろんなサービスにおいて支払った対価以上のものがなければ感動はありません。もちろんその商品に初めて出会って感動することはあるかもしれませんが、慣れてきたら感動なんて生まれませんよね。

だから思うんです。

101%からが感動になると。

ちょっと余分に何かお客さんにしてあげる。

はみ出る。

そんな部分が感動の余白じゃないかなと思います。

こういうちょっとした余白って大事だと思います。

またそれができるのは人間だけ。

だとも思います。

URAPYON

「いい」「悪い」で片付けない方が幸せだ。前のページ

ラジオとかやろうかな。次のページ

関連記事

  1. はじめのひとこと研究室

    セミナーコンテンツ制作中(トピックリスト)

    セミナーコンテンツつくりはじめてます。トピックのリストを順不同で。…

  2. はじめのひとこと研究室

    保護中: 買わせるためにはコレを作れ!

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  3. はじめのひとこと研究室

    POPは売るためではない。まず知らせるためだ。知ってもらうとは売れる入口だ。

    お店は売っていない。商品を並べているだけである。と僕は思っ…

  4. はじめのひとこと研究室

    POPを書いたその後の盲点

    POPを書く上で大切な事はよく聞かれるが、尋ねられない事が…

  5. はじめのひとこと研究室

    いつから生産性しか見なくなってしまったのか。

    生産性を上げろ。とどこでも言われるのではないだろうか?…

  6. はじめのひとこと研究室

    お客さんを囲いこもう!という愚。

    お客を囲いこむ。たまにこんなことを聞く。ただ現実こういう事…

PAGE TOP