気づき

3店舗のお店で気づいた居心地の良いお店の共通点

最近ご馳走していただく機会が多く、
感謝しております。
ありがとうございます!

どのお店も素晴らしく、
ちょうど3店舗くらいのお店を
短い期間で体験して分かった気づきです。

居心地の良いお店の共通点。

それは、

スリスリしたくなるお店。

 

そう、スリスリしたくなるお店なんです。
3店舗偶然でした。

これだけじゃなんの事か
分からないですね笑

どこをスリスリしたいかというと、
カウンターテーブルや
テーブル席のテーブルの事です。

ものすごくアールがきいてる。

つまり、角ばっていないんです。
細かいヤスリで磨いたようなテーブルです。
しかもひと席ずつの味が出ている。

だからスリスリしたくなる。

それともうひとつ。

そういったテーブルは
一切コーティングがされていません。

これが何を意味するかなんですが、
恐らく手入れのクオリティを
座った人が直感できるんじゃないか?
と思ってます。

感覚的に心地よいんです。

つい長居したくなるお店なんです。

こういうお店はただしつらえがとか、
テーブルが、というわけではなく、
そういう細かい所まで目が行くので、
接客サービスも気持ちが良いお店がほとんどです。

気づいたきっかけはテーブルでしたが、
お店全体が醸し出す感覚が
人を心地よくさせる要素だと
確信しました。

推測ですが、
お店の人はひとつひとつの席に座って
居心地を追求してるんじゃないでしょうか?

そんな事を気づかせてくれる
美味しいお店体験でした。

あなたが好きなお店のテーブルは
どうですか?
もしかしたらスリスリしたいお店かも?

URAPYON

創造性の前には遊びが必要前のページ

つきあいたい人とだけつきあう次のページ

関連記事

  1. 気づき

    リモートワークをすぐ受け入れられた人、受け入れられなかった人。

    どもURAPYONです。ご無事で何よりです。世の中リモ…

  2. 気づき

    最近ふと、「良かったな。」と思うこと。

    どもURAPYONです。有給消化中ですが、何かと忙しい毎日です、、…

  3. 気づき

    大切な人ほど、大切にできない

    なんででしょうね。近くにいる人ほど喧嘩したりしませんか?…

  4. 気づき

    サービスの提供側の「当然」は、お客さんを不快にさせるかもしれない

    どもURAPYONです。接客にはうるさい方です。先日の…

  5. 気づき

    「生産性」に気をつけろ!

    「生産性」書店でも最近よく見かけるワードですね。自分はあま…

  6. 気づき

    戦略的”積ん読”のススメ

    積ん読がすごいです。ひどいです笑ざっと数えただけでも机…

PAGE TOP