気づき

アイデアの限界。

自分はアイデアマンだ!

と言えればいいですよね?

でも大半がそうではない場合が多いのではないでしょうか?

そこでアイデア発想法というのはたくさん出ていますが、そこにも限界があると思っています。

最終的に僕が思っていることは、

自分で出せるアイデアなんて限界がある。

ってこと。

しょせん自分ひとりのアイデアなんてたいしたことない。と思ってしまうことです。

でも多くの人がどうにかして自分一人でアイデアを出そうとしているように思います。最近の組織の管理手法などについても言えることだと思っていることなんですが、自分ひとりは限界があります。過信している人のなんと多いことか。

それでも自分ひとりでアイデアを出したい!という人は本を読んで、読んで、読んで掛け合わせていくしかないですね。

でもつまる所、人と会話してアイデアを出していく方が手取り早いと思う。

自分で出さなきゃと考える人はアイデアを独り占めしたい人かもしれないですね。「これは俺だけのアイデアだ!」と。

でも考えてみてください。

ハンバーガーショップはマクドナルド、モスバーガー、フレッシュネス、ロッテリア、たくさんあります。

どこでもハンバーガーを売っています。

これほとんど同じアイデアですよね。

だから自分だけのアイデアなんてそうそうない。

ひとりで悶々としているよりは、人に頼った方がいい。

でも人に頼る人はめっぽう少ない。

自分ひとりのアイデアなんて、、、

と割り切ることって大事ですね。

アイデアを出せない自分なんてダメだ、、、と思うんじゃなくて、誰だって一人でアイデアを出すのなんて難しい。と開き直ることをおすすめします。

その方が意外に突破口が見えますよ。

お試しあれ。

URAPYON

最強の勉強法。前のページ

なぜこれほどまでに転売が多いのか?を考えてみた。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    音楽を聴こう。誰かと聴こう。

    便利な世の中です。ただどこを持って便利と呼ぶかは人それぞれ。…

  2. 気づき

    本当の解決とは新たな問題を産まない。

    出張先の大阪。イベントが終わり、帰りにコーヒーでもとセブンに立…

  3. 気づき

    百貨店のリスキーな商売に本当に危機感を感じる。でも逆にそれはものすごいチャンスでもある。

    百貨店で先日買い物しました。買い物をしたからこそ感じた事を今回書い…

  4. 気づき

    サービスを学ぶには

    サービスを学ぶにはこれしかない。良いサービスを受け、悪いサービ…

  5. 気づき

    ある日突然、アルフィーで学んだこと

    ※この記事はメルマガの再アップです。始まりはとある1本の電話か…

  6. 気づき

    まだ終わってない勝負なら何度だって挑める

    勝負について。勝負には短いものと長いものがあると思います。…

PAGE TOP