気づき

デザインに対しての誤解。

デザインに対しての誤解について。

これよくあるんですけど、
表面的な部分だけを
デザインだと思っている人が本当に多い。

カッコイイ!とかキレイ!とか

表面上のことです。

いや、見る側はそれでいいんです。

これが仕事とかになってくると違うわけで、
安易に考えている人とかっているわけです。

だから、

そういう風に思っている人たちは、
パソコン上で簡単に作れるものだと思っています。
パソコンを誰もが使えるような時代になってきたからこそ
余計にそういう風潮になるとも思っているんですが、

デザインができる=ツール(ソフト)を使える

と思っている人が非常に多いですね。
それは、いわゆるオペレーターです。

広辞苑でデザインを引くと
下絵、素猫、図案、意匠計画

そう、意匠計画なんです。

僕が思うデザインできる人とは、
出来上がったものに意味を持たせ、
説明できる人だと思います。

つまりデザインとは、
意味を与えること。
だと僕は思っています。

だからロゴなどの仕事は
簡単にできるものではないんです。

スケッチする前に考えることの方が圧倒的に多い。
そこを分かっていない人が本当に多い。

デザインとは意味を与え、表現し、設計すること。

絵を描くことでも、
パソコンでチャチャッとこんな感じ。
みたいなものではないんだよなぁ。

URAPYON

家族を大切にしたい人だけ観てください【映画リメンバーミー】前のページ

クリエイティブに絶対必要なもの。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    人はなぜか時に自分の領域とは違うことをしたがる。

    自分の領域って大事だ。しかも自覚していることと確立している…

  2. 気づき

    「接客力」って言葉の選び方じゃないかな。

    自称接客にうるさいURAPYONです。自分の接客はさておき笑…

  3. 気づき

    成長するために必要なもの。それは謙虚さだ!

    たまに「オレはなんでも知っている!」なんて態度の人がまれにいる。…

  4. 気づき

    現代人が使えていない武器

    オープンまもない地元のスタバがお気に入りである。元からある駅反…

  5. 気づき

    もっと本読まねば…

    積ん読がすごいです。積ん毒になりそうです。読みたい本は…

  6. レビュー

    【映画JOKER】「存在」という観点から観てみる

    映画JOKERもう観ましたか?今日はこの映画を「存在」…

PAGE TOP