気づき

繁盛は認識率が左右する

どもURAPYONです。

先日も地元のスタバにいました。
地元には2店舗ほどあるんですが、
僕は決まった店舗を利用しています。

それはなぜか?
店員さんの接客が感じよいのです。

以前にも書いたように
閉店の際の挨拶も丁寧です。

接客が良い。

と感じる大前提は、

お客さんへの認識率

 

だと思っています。
当たり前すぎますが、できているお店は少ない。

催事などでもほっとかれているお客さんは多いものです。
繁盛している催事出店者ほどお客さんへの認識率が高い。

僕はそう感じています。

まずお店の前にお客さんが来た時のお客さんの認識率と
会計後のお客さんの認識率。

このふたつ。

なんか当たり前すぎること書いてますが、
本当にこれはシンプルに感じています。

何もこれはお店に限ったことではありません。
意外と顔を合わせる人って少ないですよ。

今朝出社した時、
挨拶してみてください。

何人の顔があなたに向けられるか。
この確率が組織の一体感を示す
バロメーターではないかなと思っています。

認識率上げていきましょう!

それでは今日もあなたらしく
愉しい一日を!

URAPYON

どんな事でも、どんな人でも気づきになる前のページ

インスタにコメントをちょい足し『URAPYON insta+』はじめます。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    POP作成で一番忘れがちなこと

    POP作成で一番忘れがちなこと。それはPOPの置き方(貼り方・…

  2. 日々ブログ

    #ひとりごと191205

    怒りとはすべて、他者に対してのものではなく、自分に対してのものである。…

  3. 気づき

    個人タクシーでサービス悪いのとか意味わからない。

    個人タクシーっていわゆる自営業ですよね。確かタクシー会社に10年と…

  4. 気づき

    つぶやき。働く。

    自分の楽ばかりを考えない。相手の楽を考えれば仕事になる。…

  5. 気づき

    文句の一切言われない場所をもつこと。

    どんなに書いても誰にも邪魔されない場所を持つことは、精神衛生上…

  6. はじめのひとこと研究室

    POPがなぜ書けないのか?

    POP講座の依頼をよく受ける。リアルでもオンラインでも。そ…

PAGE TOP