はじめのひとこと研究室

POPを書いたその後の盲点

POPを書く上で大切な事は
よく聞かれるが、

尋ねられない事が
ひとつある。

これはほとんど尋ねられない。

だけれど重要なポイントがある。
それは、

POPの置き方

だ。
みんな書き方については熱心に聞いてくる。

しかし置き方については聞かれたことが
一度もない。

これは書き方同様観点は一緒。

見るのはお客様だ

ということ。

POPのコピーも売り手視点ではなく、
買い手視点で書かなくてはいけないのと一緒で、
置き方も買い手視点。
つまりお客様視点で置かなくてはならない。

たまーにお店で、
「POPありがとうございます。」と言って、
そこに置くか?!
って思う時がある。

お店の都合もあるので、
そこは状況を見て指摘するんですが、
お客様の動線をまったく分かっていない場合が多い。

これだといくら目を引くキャッチコピーを書こうが
まるで意味がない。

POPも、その置き方もすべては
お客様のためにある。

ということが大切です。

▼ 感想お待ちしてまーす♪ ▼
投稿の感想をメールで送る

===

インスタもやってます!
#hajiken2020
#はじめのひとこと研究室
URAPYON

POPを書く前に必ず考えたいこと前のページ

イライラしないための方法次のページ

関連記事

  1. はじめのひとこと研究室

    小売の現場に圧倒的に足りないと感じるもの

    前職は出版社の営業をしていました。各書店への営業を泥臭くするわけで…

  2. はじめのひとこと研究室

    自己満足ではいけない。行動の促しの視点。

    こんにちは。レストランの看板についての気づきです。特に看板…

  3. はじめのひとこと研究室

    売り場が、買いたい場になっているか?

    売るための入口。「はじめのひとこと」を提案しています。…

  4. はじめのひとこと研究室

    情報爆発の時代。お客さんよりも多くの情報量を持つためには、どうしたら良いか?

    「この本って何か宣伝しているんですか?」こんなコメントが返ってきた…

  5. はじめのひとこと研究室

    こんなものは売ってはいけない!

    あなたは何かを販売していますか?僕はいろんなものを販売してきま…

  6. はじめのひとこと研究室

    セミナーコンテンツ制作中です。

    今とあるウェビナー向けにセミナーコンテンツを作っています。こんな方…

PAGE TOP