気づき

「真のお客様目線」を手に入れる方法

「お客様目線」

ってどこでも言いますよね。

でもそれを活かせている企業はなかなか少ないように感じます。
自分も含めて。

これは僕の思っている持論なんですが、商売とはつまるところ、

お客さんを知ること

以外ないと思ってます。
逆に言うとそれだけあればいい。

マーケティング関連の本なんて不要になるくらいです。
と言いつつ、これからコトラー読もうとしてますが笑

「お客様目線」って本当に

なった気になってしまう

という罠があります。

お客さんになった気になってしまう。

お客さんになる方法はものすごくシンプルです。
それは、

自社の商品を買えばいい

だけです。

これほとんどの人してないと思いますよ。バカバカしくてやっていないと思います。

でもこれが本当に効果がある。

ぜひやってみてください。
もちろん自分のお金で自社商品を買うんですよ。

変な話、文房具メーカーだったら自社商品のボールペンを買う。
車メーカーだったら、自分の面識のない自社ディーラーで買う。(こちらはかなりハードル高いですがw)

これ本当に効果ある。

もし、そこであなたが何も得るものがなかったら、まだまだあなたの感性は低いんだと思います。失礼ながら。

世の中スキルより感性だと思っています。

「真のお客様目線」を手に入れたいなら、自社商品を買ってみてください。

URAPYON

あなたはいくつ「奇跡」に気づけるか?前のページ

毎日寝床が寒い!と思っているあなたへ。これを知れば今日から寝床はポカポカ♪次のページ

関連記事

  1. はじめのひとこと研究室

    こんなものは売ってはいけない!

    あなたは何かを販売していますか?僕はいろんなものを販売してきま…

  2. 気づき

    ”対話”ってしていますか?

    対話って大事。一見しているようでしていない事。それが対話な…

  3. 気づき

    やってて良かった!は後にならないと分からない。

    仕事やってるとこんなふうに思う事ありませんか?「この仕事って果…

  4. 気づき

    W杯日本代表ベルギー戦。選手インタビューから気づいたこと。

    日本代表、天晴れでした。今までの日本代表でこれ程までに頼も…

  5. 気づき

    安くしても売れない時にチェックするたったひとつのポイント

    商品が売れない。サービスが売れない。極限まで安くしても…

  6. 気づき

    飛び出せば君は完璧なロケット!

    どもURAPYONです。「伝えて・届けるお手伝い」してマス。…

PAGE TOP