気づき

「苦手」という悪魔を追い払え!

学校も終業式を終えて冬休み。
通知表が配られます。

僕は成績が良くなかったので、いつもヒヤヒヤもんでしたが(実はあまり気にしていなかったw)親から勉強のことに関してとやかく言われることはありませんでした。(今思えば)

人は必ず「得意なこと」と「不得意なこと」があります。

学校というのはそれを総合的に見て点数をつけるわけですが、自分の子供がどんな成績でも何も言いません。伸びたところは褒めるくらい。

勉強なんてどうでもいい。

までは言いませんが、「得意」「不得意」はあっていいと思う。

いわゆる「苦手」をつき詰めて克服しなくてもいいんじゃないかと。

そこに時間をかけるくらいなら「得意なこと」に時間を注いだ方がいい。

学校というのはそこを総合的に補おうとするシステムなので、刷り込まれてしまいますが、足を引っ張られる「苦手」に時間を取らずに、人生を引っ張る「得意」に時間をかけた方がハッピーです。

この社会って、学校では平均点で社会に出たら「個性を出せ!」っていう無理やりな社会。

「苦手」という悪魔はほっといて、「得意なこと」に時間を注ぎたいですね。

PS
しかも人は「苦手」をすぐに見つけます。
逆に言うと人の「得意」を見つけてあげると人生は好転します。

URAPYON

保護中: なぜみんなゲームにハマるのか。URAPYON的仮説前のページ

【旬の冬にこそ作りたい一品♪】”豚にら大根”次のページ

関連記事

  1. 気づき

    レコードとの出会いは人付き合いに似ている

    最近なぜかレコードを買っています。プレーヤー持っていないのに。…

  2. 気づき

    つぶやき。「時間がない」の対処法。

    本を読む時間がないのではない。本を読まないから時間がないのだ。…

  3. 気づき

    見えないところで僕は人を判断する。

    人は見た目が9割。なんて言うけれど、まぁその通りだろう。…

  4. 気づき

    イベントの看板づくりでの気づき

    どもURAPYONです。ようやく長いイベントが終了しました。…

  5. 気づき

    やれば必ず上達する。やらないだけ。

    実践。大事です。僕は仕事柄、本を結構読みますが、読…

  6. 気づき

    社会の変化とミニマルテクノ

    先日のクラブでミニマルテクノに興味を持ち、作業系の音楽として聴いた…

PAGE TOP