気づき

お客さんに合わせるとかいう当たり前のこと。

あなたはお客さんに合わせていますか?
ひょっとして、
自分のやりたいようにやってませんか?

先日の高速のサービスエリア。

長距離運転で眠気を醒まそうと
ガムでも買うかと立ち寄ったわけです。

ファミマが入っていました。

ガムの陳列棚を見つけたら、
一番取りやすい場所にどのガムよりも
BLACKBLACKがたくさん陳列。


細かいことですが、
お客さんのニーズに合わせていますよね。

分かっているなと。

この光景は
そんなに珍しいことではないけど
お客にとって最適。
って忘れがちです。

今書店のビジネス棚を見てみてください。

多くのamazon本が陳列されているはずです。
つまりamazonが今最も注目を集めているわけです。

この理由もお客目線がキーワードです。
いわゆるamazonは圧倒的お客目線です。

そこにすべてが集まる。
だからこそ売れる。

ネットがどうとか、
テクノロジーがどうとかいう次元ではないと思います。

テクノロジーで片付けてしまうと本質を見誤る。
ネットだからでは決してない。

ネットで売れていないところは五万とあるじゃないですか。

お客目線。
いやお客自体が分かっていないと相当に厳しい時代です。

いつもの僕のテーマです。
”お客になろう!”

URAPYON

道の駅とか毎日通いたい!!田舎帰りに必ず作るメニュー。前のページ

朝、神社に行き始めてから調子がいい。気のせいか、はたまた、、、。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    情報を仕入れるだけの人が多い。情報は創るもの。

    高度情報化社会です。パソコンを開ければすぐに情報へとアクセスで…

  2. 気づき

    ありがとうの順序

    ※この記事はメルマガの再アップです。今回は催事販売での気づ…

  3. 気づき

    強みの生まれる所とは?

    強み。ありますか?まだ見つからない?それともいま、…

  4. 気づき

    いかにフラットでいられるかって大事

    いかにフラットでいられるか?って大事じゃない?特に情報過多…

  5. 気づき

    耳かき狂。

    あまりよくないんですよね、耳かきのやりすぎ。分かっているん…

PAGE TOP