気づき

お客さんのことなんか最初から分かり合えない。と思っていた方がいい。

お客さんのこと。

分かった気になっているお店とかって多い。

自分もときおり、そうなってしまうので注意が必要だ。

これは大阪でのとあるイベントの仕事で感じたこと。
そのイベントは3日間あり、初日は業者日。

つまり一般のお客さんは入れず、法人、主に商談の方が多い日程。

しかし販売はできる日程なのだ。

そこで商品に値段やらPOPやらつけて店番をしていると商品の動きが悪い。

まぁ今日は業者日だから買う人はいないのかな。

程度に思っていた。

しかし、あるお客さんの口から衝撃の言葉が出てきたのだ。

「今日って買えないんですよね?」

「えっ?買えますよ、、、」(あまりに不意をつかれたのでこんな口調だったと思う。
はっきり言ってびっくりした。

買えると思っていなかったのだ。

そりゃ売れないわ、、、

しかもそれがさらに驚くことにひとりではないのである。

「今日、買えないですよね?、、、」

「いや、いや買えるって、、、」(心の声)

でこちらをソッコーいたる所に貼りました。

それから一切聞かれることなく販売できたのでありました。

これはさすがに驚き、気づきがありましたが、それほどお客さんとの認識というのは違うというのを痛感した出来事でした。

あなたの当たり前が販売機会を逃しているかもしれませんよ。
お気をつけを、、、

URAPYON

PDFの容量が大きすぎる時に便利なサイト前のページ

ポイントカードとパクチー。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    違和感を感じなくなったら終わりだ。

    日常において違和感を感じることはないだろうか?僕は結構ある…

  2. 気づき

    初新大久保。なぜ若い子から主婦までKPOPに魅了されるのか?

    初新大久保行ってきました。とにかく人が多いですね、、、、…

  3. 気づき

    予期せぬ雑談が、予期せぬ価値を産む

    どもURAPYONです。「伝えて・届けるお手伝い」してます。…

  4. 気づき

    価値を産むには組み合わせが大事。

    価値ってなんだろう。新たな価値を産むことはそんなに簡単なこ…

PAGE TOP