気づき

とは言え、スキルも必要だ。

どもURAPYONです。
「伝えて・届けるお手伝い」してます。

スキル何か磨いていますか?
僕はお客さんの商品をその先のお客さんへ
伝えて、届けるためのスキルを磨いています。

簡単に言うと
例えばPOPなんかを

注目してもらうこと
読んでもらうこと
納得してもらうこと
行動をしてもらうこと

以前、
「スキル」より「感性」と書きましたが、
あくまでスキルあっての「感性」

ツールがないといくら感性だけあっても生かせないです。

でここで大切に思っているのは、
スキルの磨きどころ、努力のかけどころ
かなと。

ここの矛先がはまっていないと
違うハシゴをかけることになりかねないです。

自分の得意なことで
貢献できて
喜ばれることを探すことだと思っています。

僕はそれを見つけちゃいました。
だから努力の矛先が明確すぎて
投資するほど結果が出ているような気がしています。
ホントに。

驚くほど。

人は絶対に「キミには敵わない」ってものがあるはず。
だけど、それは何もしないで出来る人もいるし、
訓練しないと出来ない人もいる。

まずは得意なことから
探してみるのも手ですね。

ただ好きで得意な事だけでもだめ。
なんですよね。
それはまた今度書いてみます。

URAPYON

飛び出せば君は完璧なロケット!前のページ

どれだけ言い切れるかって大切。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    百貨店のリスキーな商売に本当に危機感を感じる。でも逆にそれはものすごいチャンスでもある。

    百貨店で先日買い物しました。買い物をしたからこそ感じた事を今回書い…

  2. 気づき

    変な話します。最近「過去って本当にあったのか?」って思います(笑)

    どん引きしないでください(笑)ものすごく真面目にですが、「…

  3. 気づき

    当たり前すぎだけどあえて書く!お店が最も重要視すべき情報とは。

    どもURAPYONです。今回は当たり前すぎるんですが、あえて書…

  4. 気づき

    アイデアの権利。

    アイデアの権利。いや権利などない。誰がアイデア出して…

  5. 気づき

    こちら側の理解力がないのか、的外れすぎるコピーなのか。

    この写真。どう思います?犯人かどうか分からないから…

  6. 気づき

    なぜか頼んでしまうメニュー名の法則

    どもURAPYONです。「伝えるお手伝い」してます。先…

PAGE TOP