気づき

”ストラディヴァリウス300年目のキセキ展”に行ってきました。

15日まで六本木アーツセンターギャラリーで開催している
“ストラディヴァリウス300年目のキセキ展”に行って来ました。

評するほどの見識を持ち合わせてないので、
残念ながら多くは語れないのですが、
ヴァイオリンの存在感に圧倒され、
気づいたらひざまづいて撮影している自分がいました。
(プロポーズスタイル)

たぶん警備員に目をつけられていたはず。

とにかくどれをとっても気丈なヴァイオリン、
楽器に圧倒され、背筋が伸び、自然と良い姿勢になる神聖な会場でした。

今回なぜ観に行ったの?

それはまず、

分からなくても本物を見たかった。

人が何に魅了されるのかを見たかった

評価とは一体何なのか?

を感じたかったからです。

さぁ、面倒くさくなってきたぞ。笑

まず思ったのは、自分の中にベースがないものは、当たり前ですが一切評する事が出来ない。

しかしそこから何かしらを自分なりに感じ取る事は出来る。という事です。

ここで何を得られるかが感性なのですが、まずは全くの異世界を体験してみるというのは、感性を磨くにはもってこいですね。

考えるより、感じろ。

に近い。

毎日をなんとなく過ごしていると、どうしても同じ風景ばかりになります。

ちょっと日常から飛び出して、異世界へ飛び込むのもいいものです。

これからも日々、感性を磨いていきたいですね。

URAPYON

才能を活かせる人、活かせない人の違い。前のページ

環境を変えてみる次のページ

関連記事

  1. 気づき

    接客トークでお店のレベルを推し量る

    どもURAPYONです。「届けるお手伝い」しています。…

  2. 気づき

    リモートワークをすぐ受け入れられた人、受け入れられなかった人。

    どもURAPYONです。ご無事で何よりです。世の中リモ…

  3. 気づき

    なぜ怪しい人達を見破れないんだろう?

    カフェにいたら、横で何やら交渉、商談が始まった。しかも2組…

  4. 気づき

    ザーザー降りの台風の日。ノートを三冊レジへ。「袋はご入り用ですか?」から分かること。

    台風大丈夫でしたか?今日は台風が関東に接近しているという事で…

  5. 気づき

    未来は決めた時だけやってくる。

    未来を決めるのって怖い。ただこれは例外なく、誰でもそんなも…

  6. 気づき

    ちょっと予想外の声かけ

    出張の帰りの新大阪駅。たまには、というか、いつも帰りが遅く…

PAGE TOP