気づき

”ストラディヴァリウス300年目のキセキ展”に行ってきました。

15日まで六本木アーツセンターギャラリーで開催している
“ストラディヴァリウス300年目のキセキ展”に行って来ました。

評するほどの見識を持ち合わせてないので、
残念ながら多くは語れないのですが、
ヴァイオリンの存在感に圧倒され、
気づいたらひざまづいて撮影している自分がいました。
(プロポーズスタイル)

たぶん警備員に目をつけられていたはず。

とにかくどれをとっても気丈なヴァイオリン、
楽器に圧倒され、背筋が伸び、自然と良い姿勢になる神聖な会場でした。

今回なぜ観に行ったの?

それはまず、

分からなくても本物を見たかった。

人が何に魅了されるのかを見たかった

評価とは一体何なのか?

を感じたかったからです。

さぁ、面倒くさくなってきたぞ。笑

まず思ったのは、自分の中にベースがないものは、当たり前ですが一切評する事が出来ない。

しかしそこから何かしらを自分なりに感じ取る事は出来る。という事です。

ここで何を得られるかが感性なのですが、まずは全くの異世界を体験してみるというのは、感性を磨くにはもってこいですね。

考えるより、感じろ。

に近い。

毎日をなんとなく過ごしていると、どうしても同じ風景ばかりになります。

ちょっと日常から飛び出して、異世界へ飛び込むのもいいものです。

これからも日々、感性を磨いていきたいですね。

URAPYON

才能を活かせる人、活かせない人の違い。前のページ

環境を変えてみる次のページ

関連記事

  1. 気づき

    誰かがいれば、仕事はなくならない。

    フリーランスって1人なので、どうしても限界がある。なので、…

  2. 気づき

    つぶやき。自分のメディア。

    自分のメディアというのは有料で築く必要がある。メディア以外もそ…

  3. 日々ブログ

    #ひとりごと191205

    怒りとはすべて、他者に対してのものではなく、自分に対してのものである。…

  4. 気づき

    どう自分の領域を作っていくか?

    どう自分の領域をつくっていくか?まずは好きなこと。これ…

  5. 気づき

    コピーはどう読まれるか?どう読まれてしまうか?を考える。

    コピー。キャッチコピーとかPOPを作る際に必ず必要ですよね。…

  6. 気づき

    情報を仕入れるだけの人が多い。情報は創るもの。

    高度情報化社会です。パソコンを開ければすぐに情報へとアクセスで…

PAGE TOP