気づき

売上をあげるために風景を見る。

松屋。
場所は上野。
お店の入り口を見ていると同じような光景にいつも出くわす。

それは、「中国の人が店内に入ろうかどうか?」躊躇する光景。
この光景に何度となく出くわす。

三軒くらい先に吉野家がある。
そっちには中国の人の気配はない。

しかもいつも躊躇しているのは団体様。3から5名。
ここで吉野家と松屋のシステムを比べてみる。

まず注文。

吉野家は店員さんへ口頭で注文。
松屋は券売機で注文。しかも日本語、中国語、韓国語対応だ。

松屋に海外の人がいないのはこのせいだ。きっと。

しゃべれなければ注文できない。

松屋は券売機で母国語で注文できる。

しかし、しかしだ。

松屋の前にいる中国の人は店内に入るのを躊躇している。

それはなぜか?

店外に中国語の案内がないからだ。
店内に入れば、中国語で注文できる機械があるのに。

ここで僕はいつも考える。

中国語で大きな文字で、

「店内へお入りください。中国語でご注文いただけます」

 
これがあるだけで売上をあげられる自信はある。
風景をどう見るかで売上はあげられる。

URAPYON

ごはんメモ【京都宮津・うどん処大門】前のページ

僕なりの異常値。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    どんな仕事でも自分の仕事の本質は変わらない。

    僕はBtoCが好きです。理由は単純で、届けるお客様のフィー…

  2. 気づき

    保護中: ※テスト運用中【メルマガ会員限定】
    ゼルダの伝説から学んだ3つの事

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  3. 気づき

    浅い技法は技法そのものを学ぶ。深い技法は技法そのものを学ばない。

    これ個人的にすごく腑に落ちる!自画自賛ってやつです。浅…

  4. 気づき

    商品点数が多い時代にまっ先にすべきこと。

    それはセレクトとレコメンドではないかなと。今回はレコメンドの話…

  5. 気づき

    テストの点とか社会に出たら全然関係ない。

    社会人になって思いませんか?学校の時のテストの点なんて全然意味…

  6. 気づき

    どう自分の領域を作っていくか?

    どう自分の領域をつくっていくか?まずは好きなこと。これ…

PAGE TOP