気づき

安くしても売れない時にチェックするたったひとつのポイント

商品が売れない。

サービスが売れない。

極限まで安くしても売れない。

安売りをすべて否定はしません。
時には必要な時もあると思います。

安くしてはいけない商品もありますが。

前に値段をもうここまでしてもなんで売れないの?
っていうクライアントに遭遇した時がありました。

そう、極限まで安くしても売れないのです。

しかもその業態は安売りがお客さんの特性としては、ぴったりなのに。です。

つまり安売りにとびつく客層なのに
安売りが売れない。

そんな時のチェックポイントはただ1つ。

正当な安売りの理由を明確に伝えること

これです。

事実、この時に安売りの理由を書いたら途端に売れだしました。

安いから売れるだろう。

ただそれだけでもダメってことですね。

お客さんは安いのが好きだけど、あまりに安いと逆に怪しんでしまいます。

正当な理由がないとだめです。

お客さんは安いだけではなく、安心。
つまり失敗したくない。
も買っているのです。

ここを忘れずに!

URAPYON

ニセ者コンサルを見抜く方法教えます。前のページ

5時間半待てる楽しみってあるか?次のページ

関連記事

  1. 気づき

    やってみないと見えない風景はたくさんある。

    今日は高田馬場で仕事でした。結局、お昼をとるタイミングがなく、…

  2. 気づき

    イライラはどこから来るのか?

    イライラはどこから来るのか?そんなこと考えたことある?…

  3. 気づき

    やっぱり締め切り効果って絶大。

    ブログもなんだかんだ忙しさを理由にたまってしまうんですが、…

  4. はじめのひとこと研究室

    ドライブってドライブ。

    ドライブって外界から遮断された空間。運転することでもちろんスマ…

  5. 気づき

    興味のないことに関心を寄せて好きになってみる。

    興味のないことに関心を寄せて好きになってみる。これ、自発的にし…

PAGE TOP