気づき

映画館の予告でNETFLIXコンテンツの予告。これに何にも感じなかったらどうなの?

もうここまで来ています。

映画館にNETFLIXコンテンツの予告が流れてます。

これを観て僕は思いました。

「ついにここまで来たか」と。

つまり短期的な広告収入のために
ライバルでもあるコンテンツの予告を
流してしまっているわけです。

ちょっと言いたい。
「プライドないのか?」と。

そこまで映画業界が危機的な状況かは
分かりませんが、
この現象をそのまま通り過ぎて観てはいけない。
と思いましたね。

この現象で何も感じないのなら
自分もそういう事をやってしまう可能性がある。

こういう些細な変化を見逃さないのって
大事だと思っています。

映画の予告一つ一つからも何かを汲み取る。
そういう感性を絶えず磨いていきたい。

URAPYON

作り始めた時と、作り終えた時の環境がもう変わっている時代。前のページ

酷暑を通り過ぎた暑さに注意!次のページ

関連記事

  1. 気づき

    確信へと変わった。

    まず業界は全然関係がないという事。業界ではなく、役割と捉えると道は…

  2. 気づき

    アイデアを産む人。アイデアを殺す人。

    【おすすめ記事】京都・宮津のイタリアン『aceto』の記事…

  3. 気づき

    情報過多の時代は逆を行く

    情報過多です。ただその情報、本当に全部必要でしょうか?…

  4. 気づき

    上から目線の自己投資論

    上から目線で失礼しますW皆さん本読んでますか?僕が本当…

  5. 気づき

    数字だけで判断するのってやっぱヤバい。

    やっぱりさ、面白いものって数字から産まれない。数字でしか判…

  6. 気づき

    強みの生まれる所とは?

    強み。ありますか?まだ見つからない?それともいま、…

PAGE TOP