気づき

映画館の予告でNETFLIXコンテンツの予告。これに何にも感じなかったらどうなの?

もうここまで来ています。

映画館にNETFLIXコンテンツの予告が流れてます。

これを観て僕は思いました。

「ついにここまで来たか」と。

つまり短期的な広告収入のために
ライバルでもあるコンテンツの予告を
流してしまっているわけです。

ちょっと言いたい。
「プライドないのか?」と。

そこまで映画業界が危機的な状況かは
分かりませんが、
この現象をそのまま通り過ぎて観てはいけない。
と思いましたね。

この現象で何も感じないのなら
自分もそういう事をやってしまう可能性がある。

こういう些細な変化を見逃さないのって
大事だと思っています。

映画の予告一つ一つからも何かを汲み取る。
そういう感性を絶えず磨いていきたい。

URAPYON

作り始めた時と、作り終えた時の環境がもう変わっている時代。前のページ

酷暑を通り過ぎた暑さに注意!次のページ

関連記事

  1. 気づき

    誰が見てても、誰が見てなくても自分メディアは持つべき。

    ども。URAPYONです。いつもお付き合いいただき、ありがとうござ…

  2. 気づき

    あなたは自分を解放しているか?

    常識。ルール。社会。会社。みんなが縛ら…

  3. 気づき

    仕事は時間をかけすぎてもいけないが、時間をかけていいものが出来ることもある。

    クリエイティブの仕事は、毎回仕事の中身が違うことが多い。い…

  4. 気づき

    ちょっと予想外の声かけ

    出張の帰りの新大阪駅。たまには、というか、いつも帰りが遅く…

  5. 気づき

    見えないところで僕は人を判断する。

    人は見た目が9割。なんて言うけれど、まぁその通りだろう。…

  6. 気づき

    力はどこで使えるか分からない。だから常に準備をする。

    最近、仕事内容がガラッと変わって※実際はそうでもないんだけど気…

PAGE TOP