気づき

本屋で本を探していて感じた違和感。

どもURAPYONです。
全国行脚も終わり、地元ですこしまったりしてます。

今日、facebookの投稿で気になった本があったので、地元の本屋に立ち寄ってました。

ところが最近リニューアルオープンしたお店で、どこに本があるかすぐに分からなかったので、店内にある検索機で書籍のタイトルを入力していました。書籍のおおよそのキーワードを入力しても出てきません。で、何度かトライした後、書籍のタイトルを入力して検索結果が表示されました。

在庫なし

「・・・」

手元のiPhoneでAmazon検索。
在庫あり。明日届きます。

あの、もうさー、そりゃこっちで買っちゃうよね。

リアル店舗の強みってなんだろう?とか思っちゃうし、たいしてキュレーションできてるわけでもない書店はそりゃ淘汰されて当たり前ですよね。行く理由がないもん。

で平積みしている新刊の山を見たら、
「アマゾンのすごいルール」とかいう本とか陳列されてて、ちょっと違和感覚えましたね。探しやすい仕組みとか、商品の品揃えとかできていないお店が脅威となる企業の秘密とかを販売しているという違和感。

もっと言ったら、書店さんて目の前にヒント(情報商材)あるのに勉強していないお店とか多すぎです。

やっぱり感性をギンギンに磨いて、勉強しないと生き残れないよなー。

URAPYON

【京都・宮津・aceto】二回目のaceto。今回の特におすすめ3品を紹介!前のページ

百貨店のリスキーな商売に本当に危機感を感じる。でも逆にそれはものすごいチャンスでもある。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    この世にあなたはあなたしかいない。

    専門性。そんなものが自分にあるのだろうか?と考えたこと…

  2. 気づき

    なぜ僕は本を読むのか?

    なぜ本を読むのか?それは本質に近づくため。本を量読んで…

  3. はじめのひとこと研究室

    仕事に活かせるくだらない習慣。

    だじゃれ。アイデアとは異なる2つのものの掛け合わせ。麦…

PAGE TOP