気づき

本当のプロはアマチュアであり、プロ。

お客様目線。

どこでも誰でも言ってる。

でも出来ていない、なれていないのがほとんど。

そもそもお客様目線なんか持てない。

というのが僕の持論。

ではどうするか。

答えはシンプル。
お客になってしまう。
これ本当に簡単。

でも注意が必要。

本当にお客になってしまったらプロの視点が持てない。
気づきが得られない。

プロの目を持ち、アマチュアの目を持つことが、
本当のプロだと思う。

特に今はCtoC的な活動も世の中的にさかんだから、
プロもうかうかしていられない。

本当に危機感を持っている。

実践から勝ち得た独自の理論を持っていないと流される。

日々勉強だ。

今日もあなたらしく、
愉しい1日を♪

URAPYON

クリエイティブは自発的アイデアの方がどこまでも強い。前のページ

保護中: 僕が思っているコンサルティングという仕事の概念は間違っていた。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    安くしても売れない時にチェックするたったひとつのポイント

    商品が売れない。サービスが売れない。極限まで安くしても…

  2. 気づき

    有益な情報はどこにあるか?

    情報に溢れています。ネットで探せば、情報はどこでも手に入る。…

  3. 気づき

    誰が見てても、誰が見てなくても自分メディアは持つべき。

    ども。URAPYONです。いつもお付き合いいただき、ありがとうござ…

  4. 気づき

    「発信力」「自己開示力」が「出会い」と「繋がり」を産む

    facebook使っていますか?僕はなんだかんだで、ほぼ毎日投…

  5. 気づき

    20年ぶりの集まり。利害関係のない縁って最高!

    1月。友人のお通夜で集まった時、連絡先を交わした高校時代の友達…

PAGE TOP