気づき

3店舗のお店で気づいた居心地の良いお店の共通点

最近ご馳走していただく機会が多く、
感謝しております。
ありがとうございます!

どのお店も素晴らしく、
ちょうど3店舗くらいのお店を
短い期間で体験して分かった気づきです。

居心地の良いお店の共通点。

それは、

スリスリしたくなるお店。

 

そう、スリスリしたくなるお店なんです。
3店舗偶然でした。

これだけじゃなんの事か
分からないですね笑

どこをスリスリしたいかというと、
カウンターテーブルや
テーブル席のテーブルの事です。

ものすごくアールがきいてる。

つまり、角ばっていないんです。
細かいヤスリで磨いたようなテーブルです。
しかもひと席ずつの味が出ている。

だからスリスリしたくなる。

それともうひとつ。

そういったテーブルは
一切コーティングがされていません。

これが何を意味するかなんですが、
恐らく手入れのクオリティを
座った人が直感できるんじゃないか?
と思ってます。

感覚的に心地よいんです。

つい長居したくなるお店なんです。

こういうお店はただしつらえがとか、
テーブルが、というわけではなく、
そういう細かい所まで目が行くので、
接客サービスも気持ちが良いお店がほとんどです。

気づいたきっかけはテーブルでしたが、
お店全体が醸し出す感覚が
人を心地よくさせる要素だと
確信しました。

推測ですが、
お店の人はひとつひとつの席に座って
居心地を追求してるんじゃないでしょうか?

そんな事を気づかせてくれる
美味しいお店体験でした。

あなたが好きなお店のテーブルは
どうですか?
もしかしたらスリスリしたいお店かも?

URAPYON

創造性の前には遊びが必要前のページ

つきあいたい人とだけつきあう次のページ

関連記事

  1. 気づき

    「接客力」って言葉の選び方じゃないかな。

    自称接客にうるさいURAPYONです。自分の接客はさておき笑…

  2. 気づき

    上から目線の自己投資論

    上から目線で失礼しますW皆さん本読んでますか?僕が本当…

  3. 気づき

    ただただ移動せよ!

    会社を辞める。と聞いた時、どう思うだろうか?逃げる。という…

  4. 気づき

    人を動かす本質

    人を動かす。みんな悩んでますよね。部下だったり、お客さんだ…

  5. 気づき

    誰もが「メーカー」でなければ生き残れない。

    ホワイトカラーは情報の製造業である。とは、山口周さんの言葉です…

PAGE TOP