気づき

人というのは本来コントロール不能だ。しかし世の中は操りたい人だらけ。

人を動かす。

デールカーネギーの名著。

かなりの冊数を販売しているけど、
本当に人を動かせる人には
めったに出会うことがない。

ブックオフでも必ず売られている。
この本の本質を掴んでいる人は
いったいどのくらいいるのだろう?

売れている本がいい本。
というわけでもないし、
売れていない本が悪い本でもない。

問題はいい本を生かせるかどうか。
この一点に尽きる。

本の読み方、捉え方。

『人を動かす』を手に取った大半の人が
人をコントロールしたい人だ。

ただ肝心の中身は、
いかに自分を動かすか。

このタイトルは名著にして
タイトルが秀逸。

ある意味では詐欺的なタイトルかもしれないが、
本質がわかる人にはそれも含めて大変勉強になる書である。

人をコントロールしようとして読むか。
人はコントロールなどできない。
と捉えて読むか。

読後に得られるものが変わってくる。

本質はどこまでも大事だ。

===

インスタもやってます!
#hajiken2020
#はじめのひとこと研究室
URAPYON

久々のリアル打ち合わせの新鮮さよ。前のページ

いわゆる天職かどうかはこの質問で分かる。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    ネットでいくら情報を調べてもうまくいかない理由。

    今日もありがとうございます。情報社会。高度情報社会。…

  2. 気づき

    リサーチでしょ。やっぱ。

    まずはこの写真を見てください。とあるカレーチェーンの…

  3. 気づき

    力はどこで使えるか分からない。だから常に準備をする。

    最近、仕事内容がガラッと変わって※実際はそうでもないんだけど気…

  4. 気づき

    コロナウイルスから学ぶ売上の作り方。

    コロナウイルス。勘弁して欲しいですよね。これは自分に限…

  5. 気づき

    なぜ僕は本を読むのか?

    なぜ本を読むのか?それは本質に近づくため。本を量読んで…

  6. 気づき

    違和感を感じなくなったら終わりだ。

    日常において違和感を感じることはないだろうか?僕は結構ある…

PAGE TOP