気づき

これ、もしかしたらこのビルごと無くせるんじゃ。

なんとかギリギリ免許は更新できた話の続き。

久々に試験場で感じたこと。

まず入口入ってから。

「はい、書類ね、はい一番窓口へ行ってね」

「ハイ、3300円ね、1700円のお釣り。2番へ行ってね」

「(待ってました!と言わんばかりの)ハイ、書類見せてね、視力検査ね…はい右行ってカウンターで印もらってね」

「はい、暗証番号決めて奥のカウンターね」

「ハイ書類ね、あ、それはもういらないね、ハイ、次は写真ね」

「ハイ、写真ね、アゴ上げてね。ハイ終わり!」

「ハイ、講習受けてね」

〜講習50分〜

「はい、お疲れ様でした、奥で免許受け取って下さいね」

「はい10774番のURAPYONさん、はい端末で情報確認したら終わりね、ご苦労様でした」

あのさ、言っていい?

こんなに人いるか?!笑笑

最初から最後まで一体何人いんだよ!

 

URAPYON

免許更新すっかり忘れてた、、、(驚)前のページ

今日出会ったコトバ。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    #ひとりごと191105

    催事での気づき。商品はコンテンツ、陳列はビジネスモデル…

  2. 気づき

    いつもギリギリにならないと動かないやつです。

    どもURAPYONです。いきてます。あなたはお元気です…

  3. 気づき

    保護中: “売る”という言葉に潜む落とし穴

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  4. 気づき

    「袋は有料で22円になりますが、いかがいたしましょうか?」

    どこもかしこも袋が有料である。「袋は有料になりますが、いかが致…

  5. 気づき

    商品を売るならどんな商品がいいだろうか?

    商品を売るならどんな商品がいいか?商品を売るならどんな商品がい…

  6. 気づき

    レコードとの出会いは人付き合いに似ている

    最近なぜかレコードを買っています。プレーヤー持っていないのに。…

PAGE TOP