気づき

たまに「買う人が分かる」っていう販売員さんがいますが、そんなの二流。

どもURAPYONです。

販売員さんでたまにいませんか?
「私は買う人が分かる!」とか豪語している人。

僕はこういう人を見ると二流だなと思います。
(ずいぶんえらそー)

昔にはそういう人、
もっといたと思いますが、

時代も変わりました。
お客さんの財布も固くなりました。
何より、社会全体の価値観も変わりました。

そんな時代の中、
買う人が分かる!なんて言ってしまうと
必ず足元救われます。

そりゃ、
一定の購買パターンは統計的には
あると思います。

ただ今のお客さんは読めないのがほとんどじゃないかな。
予知能力でもあれば別ですが、
そうそうあたらない。

これは、ベテランの販売員さんによく見受けられますが、
長年の経験からそう思うんでしょうね。

でも裏を返すと、
売れる可能性もあるお客さんを買わない。と決めつけている
とも取れます。

ここが落とし穴。
いつだって壁となるのは、
「思い込み」です。

今はテクニックより、心と感性の時代です。
ここが大事だと常々思います。

URAPYON

思いつきでリビングの模様替え前のページ

社会の変化とミニマルテクノ次のページ

関連記事

  1. はじめのひとこと研究室

    保護中: 僕が思っているコンサルティングという仕事の概念は間違っていた。

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  2. 気づき

    感性だけが人をつなげる事ができる。

    ネットって便利だなって思いました。瞬時に発信できるし、距離…

  3. 気づき

    本当の幸せとは小さいもの。しかも見えないかもしれない。

    朝、目が覚める。今日は珍しく目覚まし時計に勝ったようだ。家族は…

  4. 気づき

    優れるな!異なれ!

    優秀ってなんだったんだろう。思えば、コロナ前の優秀とは、誰…

  5. はじめのひとこと研究室

    費用対効果ばかりを気にしていてはいけない。

    費用対効果。組織にいれば必ず誰かが口に出すのではないか。…

  6. 気づき

    つぶやき。売るとは?

    売るとは、まずお客さんの目の前に商品を持ってくること。…

PAGE TOP